理に適ってる?【ボイドタイムでヒーリング】が実はとっても効果的な理由。

voidtime

あなたは「ボイドタイム」という言葉をご存知でしょうか。

ボイドタイムは月のサイクルを元に西洋の占星術から考えられた概念なのですが、

この時間帯には思考や集中力が鈍るため、重要な事の決定や決断は避けた方が良いと言われております。

 

しかし逆に何もせずに穏やかにリラックスするのにはもってこいの時間とも考えられます。

今回はこのボイドタイムを使ったヒーリング方法についてご紹介したいと思います。

 

ボイドタイムとは

ボイドタイムは、”void(ヴォイド)=何もない、無効”といって空白の時間のことを表しています。

 

スピリチュアル的に表現すると、

西洋占星術では他の惑星との特定の形(アスペクト=他の星との意味のある特定の角度)をつくらない時間帯であり、必然的に月の力が弱くなっており、アフォメーションをしてもあまり意味がない状態のことです。

だいたい2日に1回程度、1月に12~13程度の頻度で訪れているのですが、

主にこの時間は仕事や物事がうまくいかなかったり、集中力や判断力、感情の抑制などもうまくいかないと言われており、それが原因で「魔の時間帯」とも呼ばれています。

※ボイドタイムには専用のカレンダーがありますので、気になる方はぜひ調べてみてください。

 

アメリカのレーガン大統領などは、ボイドタイムには重要な会議などを設定しなかったと言われています。

ボイドタイム中に起きる影響は主に以下になります。

  • 集中力が下がる
  • 思考力が鈍る
  • 記憶力が薄れる
  • コミュニケーション能力が劣る
  • 判断力が鈍る
  • 気分が高揚する
  • 感情の抑制が困難になる

新月と満月

新月と満月が重なるタイミングは月の力が高まる特別な日とされています。

このタイミングのだいたい48時間以内にボイドタイムが訪れるのですが、ボイドタイムが続く時間は数時間を平均として、長い時は24時間近くに及ぶことがあります。

これを西洋占星術のホロスコープに当てはめると、月がどの惑星ともアスペクトを作っていない時間帯になるのです。

また、ボイドタイムは月が次の星座とのアスペクトに移行するまでの期間ですが、終わりに近づくにつれ影響が大きくなると言われています。

 

ボイドタイムにヒーリング

ボイドタイムでは新しい決めごとや決断を、思考力や集中力が鈍るために避けたほうが良いと言われていますが、その分実はヒーリングの時間として活用するととても良い癒しの効果を得られるのです。

ボイドタイムでは星や月の効力が無効になるのですから、今までのしがらみや固定観念、何かに縛られれた不自由さから解放される瞬間でもあるのです。

一般的には大きな活動を控えろと言われている時間だからこそ、逆に身の回りの整理をして、心と身体を休める癒しの時間として活用することが大切なのです。

 

ボイドタイムのことを、「切り替えのタイミング」と表現される方もいるように、継続していたエネルギーやパワーが一旦区切りを迎え、次の流れにシフトするための内省の期間とも言えるでしょう。

 

主に、ボイドタイム中に”するといい”とされているものには下記があります。

  • 瞑想
  • 心理セラピー
  • カウンセリング
  • ヒーリング

 

心を空っぽにして、静かに宇宙の流れに身を任せましょう。

特にボイドタイムは感情の起伏が激しく、感情的になりやすいと言われていますが、これは逆に感情が解放しやすいことでもありますから、思いっきり泣いてみたりすることも心のデトックスとなるはずです。

 

ボイドタイムの過ごし方

まずボイドタイム中には重要な決断を避けるため、なるべくボイドタイムが訪れるまでに済ませておくようにしましょう。

ボイドタイムには必要に迫られたり、緊張感を伴うような予定は入れておかないように気をつけ、特に高価な買い物や、または断捨離はボイドタイムまでに終わらせておくことをオススメします。

 

その後

ボイドタイムに入ったらできるだけ規則正しい生活を心がけ、身の回りを整理整頓をしながら自分の心に向き合いましょう。

できれば1日に数分間の瞑想をするようにして、ヒーリング効果を高めて下さい。

 

※瞑想について詳しく知りたい方はコチラ

心が澄み渡る【瞑想】がスゴイ!そのやり方と効果を徹底的に解説します。

 

月の力が無効化され、あなた自身のエネルギーをうちに向け、クリアな状態で過ごせるように穏やかにいてください。

また、宇宙の大きな流れの中で、一呼吸起き、次の日々に向けたリフレッシュの期間にすることで、より良い毎日が過ごせるようになると思います。

 

まとめ

いかがでしょうか。

魔の時間帯と呼ばれるボイドタイムにヒーリングをすることは、実はとても理にかなっているのです。

日々の疲れを癒し、心と身体をリラックスさせることで新たな気持ちで明日を迎えることができるといいですね。

 

 

 

結局どうなの?【ヒーリング効果】って何?癒やされたいあなたのために

ヒーリングって結局なんだろう。

なんだかその言葉には少し怪しさや、胡散臭さのようなイメージがあるかもしれません。

 

疲れてるから、ただ単純に癒やされたいあなたのために

ヒーリングについてお話させて頂きます。

 

ヒーリング

ヒーリングはイコール”癒し”なのです。

例えば西洋ではヒーリングは専門の医療機関に認められているところや、その国家資格も存在し健康保険が適用される場合もあります。

 

しかし医療と定義されているヒーリングと、その科学効果の因果関係はまだまだ未知数で研究途中のものであることから、とてもデリケートな立ち位置であることは否めません。

特に目に見ないエネルギーを扱うレイキ(霊気)と呼ばれる概念は、スピリチュアルなテーマを孕むものですから、そこに疑心暗鬼になってしまう方もいることと思います。

 

 

癒しと回復すること

ストレスや疲労、気分の落ち込みが起こっている時、

身体の中では自律神経のバランスが崩れ、様々な悪い影響を及ぼします。

 

自律神経は主に交感神経と副交換神経に分かれています。

この中の副交換神経が人間の無意識下で起こる変化を管理している神経で、これは睡眠時や身体の活動が抑えられている状況で優位に働きます。

 

例えば副交換神経が活発になっている時、脳はアルファ波と呼ばれる脳波を発生させていますが、

これをヒーリングの効果を使って助長し、リラックスすることがヒーリングの目的なのです。

 

外的刺激

ヒーリングにおける外的な刺激とは、五感を刺激することによって癒しの効果を最大限得ることです。

 

ヒーリングミュージック

ヒーリングミュージックは穏やかなハーモニーと特定の周波数を、ゆるやかなテンポによって作られた環境音楽です。

現代音楽としてニューエイジと呼ばれることもありますが、

教会や仏教の世界においても、幻想的な音世界はどこかスピリチュアルで神聖な雰囲気に満ちています。

 

レイキヒーリング

直接患者に触れることなく、施術者のエネルギーを流し込むことにより心身のバランスを整えるのがレイキヒーリングです。

古来は日本発祥の技術で現在は世界中に広まっています。

離れた場所で行う遠隔ヒーリングや、アカシックリーディングなども近しいと言えるでしょう。

 

アロマテラピー

アロマテラピーは自然の植物から抽出し濃縮したオイルが放つ芳香によって癒しを得るものです。

鼻腔から神経を通り大脳に直接働きかけるもので、匂いは記憶や感情と特に密接であると言われていることから、高いリラクゼーション効果が期待できます。

その香りを使用したアロマキャンドルやアロママッサージなどにも発展しています。

 

ハーブティー

オーガニックなハーブから抽出した飲料ですが、

中国茶や日本茶、コーヒーやタバコなども自然の植物(ハーブ)から嗜好品として開発されたものです。

ハーブには癒しの効果以外にも健康医療としての効果も期待できますから、その歴史はとても古いものになります。

 

自然、動物

最後は視覚として目で見る癒しとして、

動物や自然は見るだけで心が安心し、アルファ波が出ると言われています。

可愛い猫や犬の動画や、海の波、夕焼けや花、木々が揺れる姿には人工物にはない無垢なエネルギーで満ちています。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

ヒーリングと一言に言っても様々な種類や形態があります。

疲れた心を癒やすため

ぜひご自分にあったヒーリングを見つけることが出来るといいですね。

 

 

 

 

 

ヒーリング【レイキ】を使って心と身体を癒してみませんか?

ヒーリングレイキ、レイキ(霊気)とは、日本発症の民間療法の一種です。

 

元々は明治時代後期に海外から入ってくる様々な思想を
日本古来の技術と融合させ発展させた療法と言われています。

宇宙や自然、人体が持つエネルギーをスピリチュアルな解釈として「霊気」と呼ぶこともあるようですが、

その後、アメリカやヨーロッパにその技術が伝えられ
「Reiki」と発音する概念として世界中に伝承されていきました。

 

西洋レイキ

現在、日本を含め一般的なレイキは
生命が持つ生体エネルギーを施術者から患者へと流すことにより
患者自身への自然治癒能力を刺激、促進し、エネルギーバランスを整えます。

これは目に見えない概念で心身を癒やすヒーリングの一種でもあることから
科学的根拠はなく、証拠に基づいた医術ではありません。

 

しかし、
世界中にレイキを施すサロンや専門期間は続々と拡大しており、
今や800万人を超える施術者がいると言われています。

 

レイキの普遍的な概念を積極的に広めるセミナーも多く、その力を伝承するアチューンメントと呼ばれる儀式(受講)を行い、レイキ能力を評価できるように体系化が行われています。

 

また、レイキは誰しもが持つものですから、
自分に対して行う自己ヒーリング(セルフヒーリング)や、物理的に離れている相手にエネルギーを飛ばす遠隔ヒーリングというものもあります。

 

レイキのやり方

レイキは道具などは一切使いません。

使うのは手のみで、施術者の手から発せられるエネルギーで
患者の身体に手をかざすことにより治癒を行います。

 

レイキの出し方

レイキは誰でも持つものですが、
ある程度練習を重ねることによってその力を育むことが可能です。

 

まずは、
地面にしっかりと足を付け、まっすぐと姿勢を整えることから始めましょう
肩の力を抜き、地面と平行になるようにして下さい。

 

次に呼吸を整えていきます。

口を自然に開いて、ゆっくりと息を吐いていきます。

 

この時、空からエネルギーが自らの身体に流れてくるようなイメージで
丹田(おへその下5cmほどの位置)にそのエネルギーが溜まっていくようにします。

 

息をしっかり吐いたら、同じくらい時間をかけてゆっくりと吸って下さい。

 

それを何度か繰り返すうちに、身体がふわふわピリピリして
優しく暖かい空気で全身が包まれたような感覚が持てます。準備完了です。

 

※これはある程度練習が必要ですが、それほど難しいものでありません。
慣れてくればちょっと呼吸を整えるだけでその状態になれると思います。

 

レイキハンド

呼吸を維持しながら両手を胸の前あたりで優しく合掌します。
それがレイキハンドです

 

レイキハンドの状態を保ったまま、
全身の力を緩め、手に意識を集中して下さい。

 

合わせた手と手の間に
暖かくジンジンとした感覚が生まれるはずです。

それが、手のひらからレイキが出ている状態になります。

 

レイキの施術方法

まず、患者には緊張をほぐし楽な姿勢をとってもらいます。

そしてオーラクレンジングと呼ばれていますが、
直接身体に触れない10センチ程度の位置を頭部からつま先にかけて数回、手で撫でるように旋回させます。

 

そうすることによりお互いのレイキの通り道をつくり、調和がとれます。

次に
レイキを他人に施術する方法として、一般的なのは
「12ポジション」と呼ばれる患者の身体の場所に手を当てていく方法です。

 

 

12ポジションは「頭部」「全面」「背面~下半身」と分けられており、
基本的には下記の1から12までの部位に順番にレイキを流していきます。

 

  1. 頭部
    1,目
    2,こめかみ
    3,後頭部
    4,鎖骨~肩
  2. 全面
    1,心臓の上
    2,肝臓~肺
    3、腸(丹田)
    4,そけい部
  3. 下半身
    1,腰(丹田)
    2,膝
    3,足首
    4、足の裏

 

関節部分は特にレイキが流れやすいと言われており、
そこから内蔵や疲れが溜まっている部位にエネルギーを流して下さい。

 

 

実際に
患者の方が「あたたかい」「気持ちいい」「じんじんする」と仰られるようであれば
しっかりとレイキが流れ込んでいる証拠です。

 

※施術方法は各流派により違いがあります。

 

 

レイキの効果

レイキの施術後の変化として、個人差はありますが、
以下のような効果が実感されています。

 

身体

・自律神経が整い免疫力があがった
・疲れやコリが緩和された
・手足の冷えが軽減した
・よく眠れるようになった
・腰痛や偏頭痛が薄らいだ


・やる気や集中力が増した
・夢や希望が持てるようになった
・イライラしなくなった
・自分に自信がついた
・過去のトラウマから解放された

 

※レイキの効果には様々なものがありますが、
個人差が大きいことや、医学的には証明されていないため、結果を保証するものではありません。体験されてみたい方は専門の講座や流派を調べて頂くことをおすすめします。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

とても歴史のあるレイキ(霊気)の世界はとても奥深くまだまだ解明されていない部分もたくさんありますが、

 

科学では証明ができない超次元の現象だからこそ、
レイキのエネルギーには人を引きつけるような不思議な魅力で溢れています。

 

 

あなたの生活にも
レイキを取り入れることでより良い毎日を送れるようになるといいですね。