【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

スピリチュアルやヒーリングの中に頻繁に出てくる「チャクラ」。

チャクラを開くと心身が健康になり、様々な恩恵を得られると言われていますが、

 

チャクラとは一体何で、何のために存在するのか、今回はチャクラについて紐解いて行きたいと思います。

 

チャクラとは

チャクラとはサンスクリット語(古代インド・アーリア語に属する言語)において、円や円盤、車輪や糸車などを意味する言葉です。

それが各宗教や文化によって、ヒンドゥー教やヨガ、仏教などそれぞれの解釈で世界に広まっていきました。

思想や概念、スピリチュアルな意味合いが強いイメージがありますが、波動医学と呼ばれる理論で科学的に研究しようとする動きもあります。

 

現代のチャクラは

人間が持っているエネルギーのポイントであり、自分の現在の状態、体調などを知り、そのバランスを整えるための方法になります。

 

人間が誰しも持っているエネルギーは、その外側から得られるエネルギーを取り込み中和することにより生命維持を行っており、

チャクラは円状に”回転”するという意味も含んでいますから、外部からのエネルギーを人体に利用できるエネルギーに変換し、循環していく。この一連の活動をチャクラと表すのです。

 

主にチャクラは身体の表(全面)と裏(背面)に7つあり、

地面から吸収したエネルギーを1(下半身部分)~7(頭頂部)に流し、宇宙へと解放していきます。

 

その流れをスムーズに行うことができれば心身共に健康で過ごせると言われています。

 

チャクラの場所、働き

人間の持つチャクラは下記のように大きく7つの部位に分かれていますが、

(厳密にはチャクラは小さいものまで含めると数万を超えると言われています)

それぞれのチャクラは周波数(音)や色、形、元素などの特徴を持っており、ヒーリングやレイキ、ヨガ、セラピーを施す場合には各々の役割に応じた対応が必要になってきます。

チャクラ 場所・部位
第1チャクラ 尾骨・性器
第2チャクラ 丹田(ヘソの下)
第3チャクラ
第4チャクラ 胸・心臓 黄緑
第5チャクラ 水色
第6チャクラ 額・眉間
第7チャクラ 頭頂

主にこの7箇所においてエネルギーが適度なスピードで回転を繰り返すことによって、良い状態でチャクラが開いていると言えるでしょう。

基本的には時計回りで回転を行うのですが、回転の速度が遅い、逆に回っている、ある一箇所で流れが滞っている場合、チャクラが不調となり、健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。

これをブロックされていると表現しますが、

当然ブロックされている箇所の外的な影響、怪我や疾患があるか、もしくは内蔵や内分泌系の不調などが考えられます。

特にチャクラは血流やホルモンバランス、リンパの流れに大きな影響を及ぼしますから、美容や気分をも左右します。

 

 

さらに、チャクラには各場所の心理的、より感情的、人格的にも密接に関わっているとされ、下記のようにそれぞれの行動、心理的特徴を持っています。

チャクラ  特徴
第1チャクラ  生きる力・現実
第2チャクラ  自立・創造・欲望
第3チャクラ  自信・気力・意思
第4チャクラ  愛・情・信頼
第5チャクラ  会話・言葉・コミュニケーション
第6チャクラ  知識・思考・直感
第7チャクラ  人生・心

この精神、思考、心理、意識などもそれぞれのチャクラによって繋がっており、その秩序や安定を得るために、

チャクラを開き、エネルギーを取り込み、心と身体を活性化させることにより心身を健康を整えることが重要になってきます。

 

心と身体を繋ぐチャクラ

例えば、外的な要因によって肉体が病気になった場合、その負の状態は心にも重荷になってしまいますよね。

逆に、風邪を引いて高熱が出てしまったとしても、心の状態が健やかで乱されていなければ回復するまでの時間が早くなります。

 

“病は気から”とはまさにそのことで、チャクラを安定させることができれば、心身は健やかでいることが出来るのです。

特に、チャクラと密接な関係にある内分泌系は、チャクラのエネルギーがホルモンの生成に働きかけ、神経や自律神経などの人間の活動に多大な影響を与えると言われています。

 

チャクラを活性化する

ではチャクラを活性化し、バランスを整えるにはどうしたら良いでしょうか。

その方法には様々なものがあります。

 

瞑想

チャクラを開く方法として最も一般的なのが、自らが瞑想を行いチャクラの機能を高める方法です。

背筋をまっすぐに伸ばした状態から、ゆっくりと呼吸を意識しながらエネルギーの流れを宇宙に繋がるように、第一チャクラから順にイメージしていきます。

7つのそれぞれによって瞑想方は微妙に異なるので、これは別のコラムにてご紹介したいと思います。

 

ヒーリング

チャクラヒーリングはレイキと呼ばれれる人間が本来もっている生体エネルギーを患者に流すことによってチャクラの不調を回復させるものです。

レイキは日本古来の波動療法で、現在は世界中に広まっていますが、特別な鍛錬をしたレイキ使用者のヒーリングでチャクラを癒していきます。

 

ヨガ

ご存知の通りヨガは深い呼吸をしながら特別なポーズをとることにより、血行を改善し、筋肉をほぐし自律神経を整える効果があります。

ヨガはそのポージングや呼吸法によって身体の部位が持つチャクラを刺激することによって活性化を行います。

また、汗を伴うようなヨガはストレス解消にも繋がり、心のリラックスやデトックスにも効果が認められます。

 

 

さらにヒーリングストーン(パワーストーン)を使ったチャクラの活性方法もあります。

詳しくはコチラをご覧下さい。

幻想的な【パワーストーンでヒーリング?】天然石の神秘と、その癒し効果がとっても凄い

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

体調不良や気分がすぐれない時、それはチャクラのバランスが乱れているからかもしれません。

 

そんな時はチャクラを開き、活性化を行うことでチャクラを癒し、より良い毎日を過ごせるようになるといいですね!

 

 

あなたは信じる?【スピリチュアル】の強くも儚い、美しき世界とは…。

目には見えないけど、きっと確かにそこにある世界。

少しの恐れと奇異、でも何故か惹かれてしまうスピリチュアルを、あなたは信じていますか?

 

スピリチュアルという言葉は、霊的、霊魂や神聖、神、超自然などさまざまな意味合いを持っており、

とりわけ現実の物質世界と対をなす目には見えない”精神世界”での概念や出来事を表しています。

 

今回はその不思議と魅力に溢れたスピリチュアルについてお話したいと思います。

 

スピリチュアルの世界

スピリチュアルの世界は、目には見えない精神的なものごとを文化的、宗教的見地から言語化しようと試みる姿勢の一つでもありますが、

それは幻想的でとても美しいものです。

 

例えばキリスト神教学の中でのスピリチュアルとは、修道院で捧げる祈りと修練の文化によってその生活や精神世界のシステムを表す概念として伝承されてきました。

神に仕え、美しく生きること。

それがスピリチュアルの一つの目的でもあり、我々の生活をより豊かにする思想なのです。

 

しかし一方では、現実世界とかけ離れたものは物質的な比重が大きくなる例えば貧困や戦争などの社会背景により弾圧され、ネガティブなものとして否定されてきた歴史もあります。

 

その厳しい世論の中でもひたむきに信仰し、推進し、研究を続けてきた強い意思は、国や文化、世代を超え今でも私達のまわりに色濃く影響することになります。

現代では、数々のメソッドやアイテムとして形を変え浸透しています。

 

占いやヒーリング、アロマなどもその1つ、

天使や神、守護霊、宇宙や前世、来世、手を伸ばしても届かない世界の一端を具体的な物質に移し、私達はスピリチュアルを感じています。

 

仏教とスピリチュアル

スピリチュアルと仏教は多少目的が異なります。

仏教は煩悩を無くし、涅槃へ到達するための手段であり、スピリチュアルは人の手が及ばない世界への崇拝になります。

 

基本的には西洋と東洋の文化的相違が大きいでしょうが、優劣の問題ではありません。

いずれも人をより清らかで満ち足りた状態へと誘う方法の1つと言えるでしょう。

あなたが信じるものを信じてもらえれば最良です。

 

スピリチュアルを感じること

もしあなたがこの世界に惹かれているのであれば、日常の様々な出来事の中に、何かを”感じる”ことがあるはずです。

スピリチュアルの世界では、大きく分けて

 と 肉体

という考えがベースにありますが、

1つの肉体が終わりを迎え土へ変える時、魂だけは肉体を離れ別の次元へ移行する。その魂は私たちとは別の時空から影響を与えてくる。

こういった不思議な現象をあなたが受け入れていれば、よりスピリチュアルと密接な意識でいることができるでしょう。

 

体調が優れない時、それは何かのメッセージかもしれません。

不吉な前触れか、運命が大きく変わる前兆なのか、または良い未来を暗示しているのか、

現実世界にはない高次な存在が、それを伝えているのかもしれません。

 

例えば前世、ご先祖様、失ってしまった命達にはもう肉体はありませんが、

あなたが思いを馳せ、今は肉体がない愛すべき物達を感じようとすれば、それはきっと繋がることが出来るのです。

 

いつだって彼らはあなたの側にいます。

 

パワースポット

パワースポット、またはヒーリングスポットには、

その世界への入り口や、霊力を高めてるくれるよう自然に働きかける力があります。

 

または風水によって特別な場所として選ばれていたり、

地質や天候によって特異な磁場が形成された場合、そこには必ずと言っていいほど古い言い伝えや伝説があるものです。

 

長い年月をかけたくさんのエネルギーを生んできたその場所は、

きっとあなたを癒し、励ましてくれることでしょう。

 

 

実践するスピリチュアル

スピリチュアルには、

生まれ持った奇跡的なものや、鍛錬や修行を積み重ねることによって磨かれるもの。

または自然と誰もが持つものがありますが、

特別な知識や練習の必要がない誰にも実際可能な方法があります。

 

例えば姓名判断や動物占い、風水などもスピリチュアルな方法の一種で、統計的な見地や長い年月をかけて研究されてきたメソッドは誰にでも簡単に体験することが出来ます。

 

また

アロマやオーラソーマ、クリスタルやパワーストーン、お香などのアイテムも

自然の中から発見されたスピリチュアルなエネルギーを持つ素敵なグッズです。

どこかピンとくるようなものがあれば、それを持っているだけで幸せな気持ちになれますよね。

 

ヒーリング・レイキ

ヒーリングやレイキは、人が本来持っている”気”を操ることによって心身を健康に保とうとする技術です。

 

これは比較的簡単に使えるようになるものですが、

中でもプロフェッショナルなヒーラー(レイキの場合はレイキティーチャー)と呼ばれる方々は、遠く離れた場所へエネルギーを送ったり、過去のトラウマに対する施術も可能になるようです。

 

 

祈り

初詣やお参り、お葬式や願掛けなど、東洋の文化の中にも様々なシーンの中に祈りを捧げることがあると思います。

これも当然スピリチュアルな行為であり、目に見ない大きな存在に対する信仰の1つです。

 

私たちは肉体を失ったものにさえ敬意を払い、慈しみを抱き、愛を唱えます。

その思いは強い力を生み、輪廻を繰り返しまた私たちの元へと帰ってくるのでしょう。

 

尊く儚い、祈りという行為がこれほどまで人間に浸透したのは、悲しみや苦しみを清いものとして昇華しようとする最も美しい行為なのではないでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

まだまだ紹介しきれないほど幅広く奥が深いスピリチュアルの世界ですが、

日常に当り前のように溶け込んでいるスピリチュアルな文化は、つい忘れてしまいがちになる私たちの純粋な心を時々くすぐってくれます。

 

もし

あなたの運命が少し動いたような、何かを”感じた”としたら

それはきっと、見えない世界からあなたへのメッセージなのかもしれません。