美容にも?簡単【寝る前ストレッチ】で癒し効果UP♪睡眠の質も良くなるって知ってた?

溜まった疲れを引きずる翌朝。もっと寝たい。体がだるい。

疲労の溜まった心と体は、とても重いですよね・・・。

 

そんなときにおすすめなのが、【寝る前ストレッチ】。

 

たった数分。眠りに就く前に体をほぐすだけで、睡眠の質を高めてくれる癒しの時間。

あなたも今日から始めてみませんか?

 

寝る前ストレッチがおすすめな理由

疲労を感じ、心も体もヘトヘトになって帰宅する。そんな毎日を過ごしていませんか?

 

一日の終わり。仕事の終わりに感じる体の凝りは、

同じ姿勢を取り続けていたり、忙しく動き回って溜まった疲れの蓄積。

 

疲れを翌日に引きずらないためにも、寝る前ストレッチを、

今日から始めてみませんか?

 

ストレッチを行なうことで、硬くなった筋肉を優しくほぐしながら、

寝つきが良くなる状態へ、心と体を整えていきましょう。

 

寝る前ストレッチは筋肉だけではなく、心と体の緊張もほぐすイメージで行なって下さい。

 

筋肉を緩めることは、血行の改善にもつながるものです。

大切なのはリラックスして行なうこと。

 

眠る前に、一日の疲れを手放すことができるように、

力加減には注意をしながら、癒しの時間を過ごしましょう。

 

 

寝る前ストレッチは美容にもいいの?

寝る前にストレッチを行なうことで、凝り固まった筋肉をほぐすことはもちろん、

むくみの緩和にも期待ができます。

 

接客業で立ち仕事をしていても、デスクワークで座ったままの姿勢でも、

一日の終わりに感じることがある、むくみ。

 

特に女性は、脚を見せるファッションのときとても気になってしまう、

悩みの種でもあるでしょう。

 

その頑固なむくみを溜めないためにも、疲れはその日のうちにリセットをするつもりで、

寝る前ストレッチに挑戦して欲しいと思います。

 

タイミングとしては体が温まっている、入浴後がおすすめです。

時間は5分~10分程度と、短い時間でOKです。

 

やりすぎないように、疲れないように。体に癒しを与えてあげて下さい。

 

ストレッチを行なうことで緊張がほぐれ、副交感神経が優位の状態に。

程よく体を動かすことで基礎代謝を上げて、体脂肪が燃えやすい体づくりをしていきましょう。

 

寝る前ストレッチのやり方

①体をほぐすストレッチ

上半身を起こして、うしろへ体を反らします。

このとき脚をしっかりと伸ばすのがコツ。

体が硬い方は無理せずに、心地よさを感じるくらいで大丈夫です。

 

 

②おなか周りのストレッチ

膝を地面と垂直にするイメージで、脚を上げます。

首を起こして太ももを見て下さい。

腹筋に力が入ります。

 

 

③姿勢を整えるストレッチ

膝を立てて、体と腕を左右に伸ばします。

背筋も一緒に伸ばすように、姿勢を意識してストレッチしましょう。

 

 

④体を伸ばすストレッチ

片方の腕を上げて、反対の脚の爪先に向かい体を反らします。

なるべく膝はまっすぐに。

太ももとと腕がしっかりと伸びるように、深呼吸をしながら行ないましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

毎日が忙しくて睡眠時間が思うように取れないときは、睡眠の質を見直してみましょう。

 

寝る前ストレッチは、体だけでなく心をも優しく揉みほぐしてくれる、

癒しの時間です。

 

疲労の蓄積で体が重いときこそ、次の日へ引きずらないように、

寝る前ストレッチで、疲れをリセットして欲しいと思います。