それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第6チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第6チャクラ

今回は【第6チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:額・眉間

■色:青

■特徴:知識・思考・直感

「サードアイ」と言われ、第三の目とも呼ばれている第6チャクラ。

知識や記憶、思考や学びを示し、スピリチュアルなエネルギーが強いチャクラでもあります。

 

自分の人生を見つめる力。

 

第6チャクラを開くということは、物事の本質を見つめる力を高めるということでもあるのです。

集中力が研ぎ澄まされ感性が豊かになり、関心が増えることで知識を蓄える能力に磨きがかかります。

 

未来の想像。将来のビジョン。

自分の人生においての、必要な選択と判断がしっかりと行なえる状態であるときは、

第6チャクラの状態が好調だと言えるでしょう。

 

反対に第6チャクラの不調は、物事の本質を見つめることが難しい状況を示します。

 

独断的になり高圧的な態度をとってしまったり、過去にとらわれてしまうことで成功を恐れてしまったり。

ポジティブになることができないため、人生においての目標を見失う傾向があるように思います。

 

集中力が低下してしまうことで、知識を蓄え学ぶことに関心が向かなくなるのでしょう。

内向的になり、自分の殻に閉じこもってしまう場合もあるかもしれません。

 

第6チャクラはあなた自身を守るチャクラでもあります。

ふと素晴らしいアイディアが浮かんだり、メッセージが降りてきたり・・・。

 

そう言った直感を磨くエネルギーも秘めている、第6チャクラ。

第六感とも呼ばれるそのエネルギーは、運命へと導く鍵でもありますよね。

 

勘やインスピレーションは五感を越えた神秘であり、私たちに多くの気付きを届けてくれものです。

第6チャクラの活性化はその神秘のパワーを呼び起こし、物事の本質を見つめることができる正しさを教えてくれます。

 

瞑想・ヒーリング

1~5すべてのチャクラのエネルギーが、一点に集まるイメージをしてみましょう。

チャクラの場所であり部位である、額と眉間に集中して下さい。

 

気の流れが整うように腹式呼吸を意識しながら、体の中にある邪気を追い出します。

瞑想を行なうときは必ず楽な姿勢をとりながら、リラックスした状態で行ないましょう。

 

「心の目を開く」想像力を働かせること。

 

静寂を感じながら、チャクラカラーでもある青色に体と心が静かに染まっていくような、

落ち着きと冷静さを取り入れてみて下さい。

 

すっきりとした香りのアロマオイルを焚くのもおすすめです。

直感が冴え、インスピレーションに磨きがかかります。

 

第6チャクラはスピリチュアルなエネルギーと、繋がりがとても深いチャクラです。

心の声に耳を傾けながら、あなたの目指す人生を見つめて欲しいと思います。

 

おすすめパワーストーン

第6チャクラにおすすめなパワーストーン【アメジスト】

 

 

癒しと安らぎ。

愛の象徴であり「真実の愛を守りぬく石」アメジスト。

心の調和をはかりたいときに、そして大切な人に出会いたいときに。

 

 

さざれ石の上にアクセサリーを乗せて浄化を行なうことで、

日々身に付ける愛のお守りにエネルギーを与えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
スピリチュアルなエネルギーを感じる第6チャクラ。

 

知識や思考そして直感を磨くということは、物事の本質を見つめるために必要な判断と選択に出会うということ。

チャクラの活性化によって、あなたの中に眠る人生の目的にきっと出会うことができるでしょう。

 

学びや気付きに鈍くなってしまうときは、第6チャクラのブロックサインです。

今に落ち着きのない不安を感じているのなら、瞑想とヒーリングの時間をつくって欲しいと思います。

 

第6チャクラのバランスを整えることで神秘のパワーが働きかけ、直感が冴え意欲が湧き、

自分自身の人生を改めて見つめることができるはず。

 

過去にとらわれて成功を恐れるくらいなら、前向きな気持ちをもって新しい一歩を踏み出す勇気を出して欲しいと思います。

 

 

 

それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第5チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第5チャクラ

今回は【第5チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:喉

■色:水色

■特徴:会話・言葉・コミュニケーション

「スロートチャクラ」とも呼ばれている第5チャクラ。

自分らしく生きることを教えてくれる、表現力を示すチャクラです。

 

自己表現。それは自分自身を伝えるひとつの手段でもあります。

 

自分がどういう人間なのか、好きなこと嫌いなものは何なのか、

相手に伝えることで多くの気付きや学びに出会う瞬間でもあるでしょう。

 

反対に相手の話に耳を傾けているその時間も、意味のある大切な時間であることに違いはありません。

 

会話が成立し、コミュニケーションが生まれること。

それは内なるエネルギーを外に放出することであり、魂と世界の調和を保つ時間なのです。

 

第5チャクラの特徴は、会話や言葉そしてコミュニケーション。

 

感情表現を行なうことも、自分の魅力を伝えるために必要な手段ですが、

この第5チャクラのバランスは崩れてしまうことで会話が成立せず、円滑なコミュニケーションを取ることができないと言った状況に陥る場合も少なくありません。

 

言いたいことが言えず、上手く伝えることができなかったり、

口数が多くお喋りになり、矛盾したことを言ってしまったり・・・。

 

このように人の話に耳を傾けることを疎かにしてしまうことで、様々な問題が生じてしまいます。

 

感情を溜め込み我慢をしてしまうことも、あれこれ人に話すぎてしまうことも、

心から相手と向き合っている状態とは言えませんよね。

 

第5チャクラのバランスを整えるということは、つまりは心を伝えるために、

自分の感情表現を怠らないということ。

 

価値観や偏見の押し付けを避け、しっかりとしたコミュニケーションを取りながら、

話し合うことができ時に議論することもできる状態。

 

価値観と偏見の押し付けをやめ、言葉に寄り添うことができる自分自身に出会うということなのです。

 

さらに第5チャクラの調和によって、自分の人生の進むべき道に導かれることもあるでしょう。

素直な気持ちで日々を過ごすことにより、明確になるものの多さにきっと驚くはず。

 

第5チャクラは自分の成長に繋がるチャクラです。

直感が冴え渡り、前向きな気持ちを手にすることができるでしょう。

 

瞑想・ヒーリング

第5チャクラの場所と部位は喉。

肩こりや首こりが気になるときは凝りをほぐしてから、リラックスした状態で瞑想を始めて下さい。

 

広く深い青空や海に溶け込むようなイメージで、心地よい呼吸を意識しましょう。

 

第5チャクラの解放は、コミュニケーションへのわだかまりを解き放つことでもあります。

喉のつまりが取れるような、違和感の解消を想像してみて下さい。

 

スッキリとした香りのアロマオイルを焚いてみるのもおすすめです。

自分自身に対して肯定的な意識を持つことで、他者との繋がりも穏やかなものへ変化していくでしょう。

 

おすすめパワーストーン

第5チャクラにおすすめなパワーストーン【ラピスラズリ】

 

 

幸運を引き寄せるとされているラピスラズリ。

進むべき道へ導き、気付きや試練をも時に運んでくる「聖なる石」とも呼ばれています。

美しい深みのあるブルーは、見ている人の心を落ち着かせ穏やかな感情を与えてくれるでしょう。

 

 

ペンダントトップは身に付け方を選べるのでおすすめですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

第5チャクラは心を伝える勇気を持つための、とても重要なチャクラです。

 

会話もコミュニケーションも苦痛であればあるほど、空回りしてしまうもの。

誤解が生じ絡み合うことで、息苦しい思いをしたことはありませんか?

 

そっとしておいてほしいのに。反対にそっとしておきたいのに。

言葉に責任を持つことを重荷に感じてしまう。

「上手くできない」その状況はとても苦しい時間ですよね。

 

第5チャクラのバランスを整えながら、自己表現そして感情表現の勇気を持ちましょう。

自分を認め素直な気持ちで日々を過ごしていくということは、人生の方向性を正してくれることでもあるはずだから。

 

 

 

それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第4チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第4チャクラ

今回は【第4チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:胸・心臓

■色:黄緑

■特徴:愛・情・信頼

「ハートチャクラ」とも呼ばれている第4チャクラ。

愛や情、信頼と言った人と人との繋がり、そして魂と世界を繋ぐチャクラです。

 

私たちは他者と向き合うことで、日々様々な感情を受け取っています。

それは共感であったり、思いやりであったり、理解でもあるでしょう。

 

心と心を通わせることで、親密な関係を築くことになる人間関係。

時に許すことも必要になりますよね。

 

第4チャクラの場所と部位は、胸や心臓。つまりは心を指しています。

 

他者と関わりを持つということは、相手のエネルギーに触れるということ。

つまりは心に触れることでもあるでしょう。

 

人と人との繋がりによって生まれた大切な絆は、真実の愛を教えてくれます。

そしてそこで得る喜びは、私たちの人生の学びでもあるものです。

 

愛にも様々な種類がありますが、例えば大切なパートナーとの出会いや守りたい友情の誓い。

それはすべて見返りを求めない、真実の愛情と呼べるものですよね。

 

真実の愛との出会いを学ぶ第4チャクラの活性化は、自己愛を高めことへも繋がります。

他者を認めることは、自分を認めること。

 

あなたがいま安定と安心を感じ、穏やかな癒しの日々を過ごすことができているのなら、

それは第4チャクラのバランスが良い状態にあるということかもしれません。

 

第4チャクラのブロックは、簡単に言ってしまえば愛のバランスが不安定な状態のこと。

心の不調を感じながら、ネガティブで自分本位な思考にのみ込まれ、苦しい思いをしてはいませんか?

 

人が嫌い。何より自分が嫌い。

認めることも許すこともできないため、向き合うこともしたくない・・・。

 

負のループから抜け出せないときは、第4チャクラのバランスを整えるために、

瞑想の時間を持ちましょう。

 

また第4チャクラのブロックは、大切な人に対して素直になることができず、

重い愛情をぶつけてしまう場合も少なくありません。

 

不安や嫉妬を誤魔化すために強く束縛してしまったり、自分の感情を押し付けてしまったり。

常に付きまとう大きな不信感に息苦しさを感じ、自ら関わりを断とうとしてしまうこともあるでしょう。

 

本当は大切なのに。本当は好きなのに・・・。

そこには自分への自信のなさ、自己評価の低さが関係してい場合も多くあります。

 

さらに大切な人だから好きな相手だからと、何事も断ることができず利用されることが増えてしまい、

気苦労を背負ってしまうパターンもあります。

 

愛のバランスを保つということは、それほど人生において重要なもの。

第4チャクラの活性化は、自分自身の心の平和を示すものなのかもしれません。

 

瞑想・ヒーリング

大きな愛に包まれるイメージをしてみましょう。

呼吸に意識を向けて、魂と世界の繋がりを感じて下さい。

 

愛を育むということ。愛を信じるということ。

心に問い掛けるように、丁寧に瞑想を行ないます。

 

またチャクラカラーである黄緑色の植物を、部屋に飾ることもおすすめです。

 

外へ出て緑溢れる自然の中に身を置いてみたり、心地よい森林浴をしてみたり。

風を感じ大地を感じることは、心のエネルギーへ変換されるもの。

 

真実の愛を見つめながら、あなたの持つその愛情を強く抱きしめて欲しいと思います。

 

おすすめパワーストーン

第4チャクラにおすすめなパワーストーン【ターコイズ】

 

 

困難を乗り越えたいときに、邪気を払ってくれるとされたお守りのような石。

栄光へ導いてくれるとも言われています。

さらに「友情の石」でもあることから、贈り物にもおすすめです。

 

 

身に付けていることで、強い安心感を得られるはず。

 

まとめ

いかがでしたか?

第1~3の自分自身へと向いていたチャクラが、外を向く第4のチャクラ。

 

世界に向かって放つ魂のエネルギーは愛であり情であり、信頼なのかもしれません。

 

第4チャクラの活性化は、真実の愛に出会うための心のバランスを整えること。

心の扉を開き人と関わりを持つということは、人生においての学びでもあるはずです。

 

第4チャクラの調和はあなたの日々はさらに豊かに、そして愛情深いものへと変えてくれるでしょう。

 

 

 

それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第3チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第3チャクラ

今回は【第3チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:胃

■色:黄

■特徴:自信・気力・意思

「ソーラープレクサスチャクラ」とも呼ばれている第3チャクラ。

エネルギーレベルを上げたいときに、注目したいチャクラです。

 

チャクラカラーである黄色も、チャクラの場所と部位である胃も、

エネルギーの源と呼べるもの。

 

中心であり明るさもある。

自分らしさを引き出したいときに、解放したいチャクラです。

 

第3チャクラのブロックは、ストレスや嫉妬または恐れや不安と言った、

ネガティブな感情を呼び起こします。

 

自分と誰かを比べることに一生懸命になってしまうことで、感情のコントロールが疎かになってしまうのです。

 

つまりは自分らしさを見失った状態。

卑屈で批判的。仕事や人間関係でトラブルを抱えやすい状況に陥ります。

 

他人に支配的になり、尊重もしない。

人との関わりを極端に嫌悪してしまうときは、第3チャクラが閉じている状態です。

 

怒りっぽい反面、一人になれば無気力で孤独。

協調性が見出せない状況は、自分自身も苦しめてしまいます。

 

心の余裕が見当たらないときは、ぜひ第3チャクラを開いてみて下さい。

 

第3チャクラの活性化は、簡単に言えばエネルギーを補うこと。

あなたが本来持っている「パワー」を、バランスよく引き出すことなのです。

 

自分らしさを取り戻すことで日々は大きく変化していきます。

 

笑顔が増え居場所ができること。それは自信に繋がります。

人付き合いにおいても協調性が生まれるでしょう。

 

それは心のバランスを整えること。

自己の確立は決断力を高め、人生においての気力を与えてくれるものです。

 

瞑想・ヒーリング

第3チャクラの調和は、「意思の明確さ」と「感情の浄化」が鍵。

 

エネルギーの流れを整えるイメージで、体の中心である胃のあたりに手を当てながら、

腹式呼吸をしてみましょう。

 

意識を潜在意識に向け、未来の自分を想像すること。

理想を抱き期待を寄せるあの感覚を、思い出して欲しいと思います。

 

黄色の香りを連想するアロマオイルを焚いてみたり、太陽に触れる日光浴もおすすめです。

幸せについて問い掛けることで、第3チャクラを呼び起こしましょう。

 

おすすめパワーストーン

第3チャクラにおすすめなパワーストーン【シトリン】

 

 

輝き溢れるエネルギー。

富と繁栄を運ぶとされている、パワーをもらえる石。

幸運の石とも言われています。

 

 

浄化にも使用できる、さざれ石もおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

エネルギー不足を感じたときは、ぜひ第3チャクラの活性化を行ないましょう。

 

瞑想やヒーリングはもちろんですが、チャクラカラーである黄色の食べ物をとることも大変おすすめです。

 

第3チャクラの場所と部位は胃ですから、食事をとることで生命としてのエネルギーを補うことも、チャクラ活性化への働きかけが期待できます。

 

第3チャクラのバランスが崩れてしまうことで自分以外の人へ厳しくなり、批判的な物の見方ばかりしてしまうことは、とても悲しいことです。

 

他人を尊重できない人は、いつしか孤立し孤独な人生を過ごすことになってしまうはず。

 

心の余裕を見失ってしまったときは、ぜひ第3チャクラを見つめて下さい。

自分らしさを取り戻すことで、人との関わりに幸せを見出すことができるかもしれません。

 

何より自信を持ち気力が湧くことで、人生においての方向性や意思が明確になり、

日々を笑顔で過ごすことができるでしょう。

 

心に余裕が持てるということは、生きる幸せを知るということなのかもしれません。

 

 

 

それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第2チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第2チャクラ

今回は【第2チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:丹田(臍の下)

■色:橙

■特徴:自立・創造・欲望

「セイクラルチャクラ」とも呼ばれている第2チャクラ。

人間の三大欲求でもある「性欲」と結びつきの強いチャクラです。

 

つまりは第1チャクラ同様、生命力というエネルギーへ深い繋がりを持っているということ。

第2チャクラが整っている状態は、自分自身でも「調子の良さ」を感じられるかもしれません。

 

充実した日々。つまりは好きなことや楽しみを、自ずと選ぶことができる状態。

 

柔軟な思考は人を呼び、集めます。

創造性に磨きがかかり、趣味や特技に没頭する場合もあるでしょう。

 

反対に第2チャクラがブロックしている状態のときは、頭が固くなり人を遠ざける傾向があるようです。

融通が利かない自分に苛立ちを感じてしまい、孤立してしまう。

 

情緒のバランスの変化を感じているのなら、第2チャクラのバランスを整えることをおすすめします。

 

「調子の良さ」というものは、表情の豊かさからも滲み出るものです。

第2チャクラの活性化は、自分の欲望を創造性というエネルギーで形に変えることによる、自立への導き。

 

さらに第2チャクラの解放により性的魅力が増すことで、同性だけでなく異性との交流も増えるかもしれません。

 

そのようなときこそ大切にしたいのが、癒しと浄化の時間。

第2チャクラバランスが崩れてしまった場合、好きなことや楽しみに対する負の罪悪感が、一気に押し寄せてくることがあります。

 

悲しみや孤独感が強くなることで自分の評価が気になりだし、人に流されやすくなってしまうことを回避するためにも、定期的に瞑想は行ないましょう。

 

第1チャクラとの関係性が深い第2チャクラ。

自分自身の欲求に向き合う真摯な姿勢こそが、チャクラ解放の鍵なのかもしれません。

 

瞑想・ヒーリング

第2チャクラのカラーは橙。

眩しく穏やかなオレンジ色の光に包み込まれていく、そんな自分を想像してみましょう。

 

人生を見つめ楽しみを見つめ、守るべき叶えたい欲求に応えるように、

意識を向けて深呼吸して下さい、

 

臍の下に手を当てながら、癒しと浄化を意識すること。

悪いものは出し、良いものは吸収する。

 

体の中の循環をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

さらに、ぬいぐるみをやペットを抱き締めることで得られるエネルギー。

ふれあいによるチャクラの調和もおすすめです。

 

第2チャクラに必要な生命力に繋がる創造性や欲望、自立を後押ししてくれるでしょう。

 

おすすめパワーストーン

第2チャクラにおすすめなパワーストーン【カーネリアン】

 

 

向上心を引き出し、勝利へと導く石と言われています。

創造性を磨きたいときに、目標の達成を願うときに。

 

 

アクセサリーもありますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

欲求や欲望を通し創造性を鍛え、生命力というエネルギーを高めていく第2チャクラ。

第1チャクラとの深い繋がりが感じられますよね。

 

好きなものや楽しいことは、充実と幸福を運んできます。

表情が豊かになり心も豊かになるからこそ、生きることに前向きでいられるはず。

 

反対に孤独感が強くなり、好きなことや楽しいことに対して自信を見失い、

自由でいることへの不安が募るときは、第2チャクラを開く瞑想を実践して欲しいと思います。

 

人の言葉や意見にとらわれて自分らしく日々を過ごせないときは、今に立ち止るサインなのです。

 

第2チャクラの調和は、今を生きる自分自身を後押ししてくれる、

方位磁石のような役割りを持っています。

 

生きることに日々柔らかな幸せを感じることができるように、自分自身をしっかりと見つめていきましょう。

 

 

 

それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第1チャクラ~

身体の表(全面)と裏(背面)に、大きく7つあると言われている、チャクラ。

ヒーリングやレイキ、ヨガ、またはセラピーとして耳にする方も多いかもしれません。

 

チャクラとは

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

チャクラを活性化させることを、俗に「チャクラを開く」 「チャクラを整える」

などという言い方をします。

それはいわゆる、自分自身のエネルギーと向き合っている状態のこと。

 

チャクラを通し、心身の状態または健康状態を見つめている時間とも言えるでしょう。

 

それぞれチャクラには、周波数(音)や色、形、元素などの特徴、

行動や心理的特徴があるとされています。

 

つまりは第1~第7、ひとつひとつのチャクラに対して、

各々の役割に応じた対応が必要だということなのです。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

Healing-Holicでは、第1~7それぞれの瞑想、ヒーリングとしての、

チャクラの様々な特徴や活性化方法をご紹介していきます。

 

第1チャクラ

今回は【第1チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:尾骨・性器

■色:赤

■特徴:生きる力・現実

「ムーラダーラチャクラ」または「ルートチャクラ」とも呼ばれている、第1チャクラ。

生命力や安定性を差す、大地のエネルギーととても密接なチャクラです。

 

第1チャクラと向き合うときは、体の根っこを支えるイメージをしてみて下さい。

地に足をつけ、基盤となるそのエネルギーとの結びつきを感じましょう。

 

現実的であり、生きる力を示すチャクラですから、

閉じすぎるのはもちろんのこと、開きすぎにも注意が必要です。

 

ブロック(チャクラの不調)しているときは、しっかりと瞑想し、

チャクラのバランスを整える時間をつくりましょう。

 

第1チャクラの滞りは、不安感が強くなり、マイナスなイメージを抱きやすくなる傾向があるように思います。

人生において弱気になってしまったり、人付き合いに対して憶病になってしまったり・・・。

 

第1チャクラを開くことは、生きることへの意欲。

心身共にアクティブに人との繋がりへ情熱を持てることなのです。

 

かと言ってチャクラを解放しすぎてしまい、傲慢になり自己中心的にならないためにも、チャクラ活性化のバランスが重要です。

第1チャクラと上手く付き合いながら、エネルギッシュな日々を過ごしていきましょう。

 

瞑想・ヒーリング

瞑想を行なうときは、第1チャクラのカラーでもある赤色をイメージして下さい。

あぐらをくような楽な姿勢で行なうことで、集中力がアップします。

 

ゆったりと深い呼吸を続けながら、尾骨そして下腹部に手を当て、

優しく温めながら大地と自分自身その繋がりへ、意識を向けてみて下さい。

 

体の内側から静かにそして力強く湧き上がる、壮大なもの。

それこそが生命と呼ぶ、エネルギーなのかもしれません。

 

おすすめパワーストーン

第1チャクラにおすすめなパワーストーン【ガーネット】

 

<

 

「柘榴石」と呼ばれている、美しいガーネット。

実りの象徴で、信頼や友愛そして情熱を届けてくれるとされています。

 

 

アクセサリーとして身に付けたり、部屋に飾ったりすることで、

エネルギーを分けてもらいましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

1(下半身部分)~7(頭頂部)にあるチャクラのこと。

 

そのひとつひとつに込められたメッセージを読み解いていくことが、

心身ともに豊かに、そして健康的な日々を過ごしていくための、

ヒントなのかもしれません。

 

第1チャクラは始まりでもあるチャクラです。

人間の本質であり、基盤でもある重要なエネルギーの解放を、

手助けしてくれる存在とも言えます。

 

第1チャクラを開くことは、心身の気のめぐりが整うこと。

自分を知り自信を取り戻し、やる気と勇気を感じられるはず。

 

前向きな安心感は居心地が良く、あなたらしい日々を過ごして行けるでしょう。