自律神経を整える【ヒーリングミュージック】を使った呼吸法でリラックスしてみませんか?

不規則な生活や食事、

毎日毎日仕事に追われて、通勤電車は常に満員で、休める場所なんてほとんどない。

 

会社に行けば上司の小言や、言うことを聞かない部下。

人間関係の摩擦に心も身体も消耗して、逃げたいけど逃げられない。

 

 

相談したいけど、友達にだってそれぞれの生活があるし…、

もう恋愛にも、真剣になれていないかもしれない。

 

誰かに助けを求めたくて、

でもとりあえず寝る。休みの日はひたすら寝る。

 

 

疲れはとれたのかな?

 

まだ起き上がりたくないな。なんて

先週も同じことを思ってた。

 

そんなあなたは、「自律神経」が乱れているかもしれません。

自律神経

自律神経とは何か?を理解する前に、

まず、”神経”は「中枢神経」と「末梢神経」の大きく2つに分けられていることを覚えて下さい。

 

中枢神経とは、神経のすべてのコントロールを司る神経で、たくさんの神経が集まってまとまっている領域のことを指します。

 

末梢神経とは、身体の正中部以外に枝分かれして全身に分布しており、それぞれの身体の部位の情報を中枢神経に伝達する役割を持っています。

 

さらに末梢神経には体性神経と「自律神経」に分かれているのです。

自律神経の役割

今回本題の「自律神経」の役割についてですが、

自律神経は血管や内蔵の動きに加え、呼吸、体温、免疫など私達が意識していない領域の生命維持活動を管理しています。

 

また、身体を緊張させたり、逆にリラックスさせたりするのも自律神経の大事な役割の1つです。

自律神経の乱れ

自律神経は生活習慣や食事、ストレスなどにより不調を引き起こします。

 

自律神経にはさらに「交換神経」と「副交換神経」に分かれているのですが、「交換神経」は人間が起きている状態に活発になり、寝ている状態では「副交換神経」が優位になります。

 

これが、睡眠不足や運動不足などでバランスが崩れ、

免疫力が低下し病気に感染しやすくなったり、肌荒れや疲労回復の妨げになることがあります。

 

ヒーリングミュージックを使って呼吸を整える

もちろん自律神経を整えるためには、

ストレスを貯めなない。適度な運動をする。充分で規則正しい睡眠をとる。暴飲暴食を控える。

 

など基本的に守るべき改善方法はたくさんあります。

 

 

ただ今回はヒーリングミュージックを聞きながら意識的に呼吸をすることにより、不安や緊張状態を和らげ、リラックスした状態へと自らを導く方法の1つをご紹介したいと思います。

 

 

呼吸法はアメリカの大手企業などでも「瞑想(マインドフルネス)」と呼ばれる方法の中に取り入れており、無心状態になることで集中力を増したり、脳をすっきりさせてポジティブな気分へ変化させることがとても重要だと考えられています。

 

呼吸法

普段私達は胸を動かすことによって鼻から吸った息を肺に通す「胸式呼吸」を繰り返していますが、

 

胸式呼吸は交感神経を刺激し、さらに普段の緊張や興奮状態が加わることにより呼吸が荒くなり、交換神経への圧力が高まってしまいます。

 

交感神経の動きが優位になると、

副交換神経の動きが鈍くなり、2つの神経のバランスが崩れ、身体や心に不調が起こってきます

 

逆に「腹式呼吸」を行うと、

 

お腹を動かすことにより肺の下にある横隔膜が刺激されるのですが、

横隔膜には自律神経が密集しているため

意識的にお腹で呼吸をすることで副交換神経を優位にさせることが出来るのです。

 

実際に呼吸をしてみましょう

今回は4秒間、鼻で息を吸い、

※この時お腹をふくらませるように吸うことを意識して下さい。

 

7秒間かけてふくらんだお腹をへこませるようにゆっくりを息を吐いて下さい。

 

 

こちらの動画に、呼吸に合わせたヒーリングミュージックを用意してあります。

 

まずはリラックスした格好で、全身の力を抜いた状態でスタートしてみて下さい。

 

 

 

まとめ

如何でしょうか。

 

ヒーリングミュージックに耳を傾けながら意識的に呼吸を繰り返すことによって、

意識がまどろみ、リラックスした状態に近づくことができるかと思います。

 

今回のヒーリングミュージックには副交換神経が優位になった際に発せられるアルファ波が混ぜてあります。

 

ゆったりとしたテンポの曲で脳の活動が抑えられた時、

脳波のアルファ波と同調することにより、安心した気分が得られることでしょう。

 

 

 

寝ても寝ても眠い!今すぐ劇的に質の高い【睡眠】を得る4つの方法

寝ても寝ても眠い。疲れが取れていないのか、体も重い。

 

仕事をしていても家事をしていても、急に睡魔が襲ってきてしまう。

そんな経験が、あなたにもありませんか?

 

 

忙しい毎日を過ごしていく中で、思うような睡眠がなかなかとれず、

悩んでいる方も多いでしょう。

 

それほど睡眠は、体と心を休ませる大切な時間。

自分の体調に合った睡眠時間があるように、睡眠の質についても、

見直してみませんか?

 

寝ても寝ても眠い状態が続いてしまえば、やる気はもちろんのこと、

元気さえも出ませんよね。

 

スッキリとした気持ちで、明日を迎えられるように。

 

日中のパフォーマンスを上げることができるように。

 

自分自身の睡眠を見つめてみましょう。

お酒と睡眠

一日の終わりに飲みたくなる、アルコール。

 

「寝酒」という言葉があるように、寝付きは良くなるかもしれませんが、

美味しいのでついつい飲みすぎてしまったなんてこと、ありませんか?

 

 

ストレスの解消にと、お酒を楽しむことでリラックスはできますが、睡眠の質を上げたいときには、少し注意が必要です。

 

スムーズに眠りに就くことができても、アルコールにより代謝が活性化することで、睡眠途中で目が覚めてしまったり、トイレが近くなる場合もあるでしょう。

 

飲酒量はもちろんですが、アルコールの分解には個人差があります。

 

お酒はやはり嗜む程度にしてみることが、良い睡眠をとるためのコツ。

 

 

たまには気分を変えて、ノンカフェインのハーブティーで、リラックスしてみるのもおすすめです。

 

優しい香りがするカモミールティーや、爽やかで飲みやすいレモンバームティー。

 

飲むタイミングとしては、眠る直前ではなく夕食後に。

 

こちらもトイレに起きてしまうのを考慮して、飲みすぎないようにすることも大切です。

 

入浴のコツ

バスタイムも、睡眠の質をあげたいときに見直したいポイントです。

 

大切なのは、湯船に浸かること。

 

 

忙しく疲れを感じ、シャワーで済ませてしまう日もあるとは思いますが、

できればゆったりと湯船に浸かる時間があるといいでしょう。

 

一日の疲れを洗い流すようなイメージで、体と心をほぐしながら、リラックスして過ごして下さい。

 

 

湯船に浸かることで体温は上がり、そこからの低下によって、

眠気を感じると考えられています。

 

体だけではなく心も一緒に温めて、バスタイム楽しむこと。

お気に入りのボディソープやシャンプーを揃えてみたり、入浴剤を入れてみたり。

 

癒しを感じることで、習慣にしていくことができるはず。

 

お湯の温度は気持ち「ぬるめ」に設定してみましょう。

 

 

熱すぎる温度は、かえって目が冴えてしまうので、その点には注意して下さい。

 

寝具と香り

眠くて眠くて仕方がない・・・。

 

疲れを残さない睡眠を目指すのならば、寝具選びも重要かもしれません。

 

例えば枕の高さが合っていないことで、いびきをかいてしまったり、

落ち着かないベットルームで、寝返りを繰り返してしまったり。

 

 

それほど寝心地というものは、睡眠の質に影響するものです。

自分に合う心地よい寝具を揃えたり、好きなカラーを取り入れるなどして、

寝室を模様替えしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ベットルームは癒しの空間であるべき場所。

睡眠の環境を整えることで、より深いリラックスが得られるはず。

 

「ピローミスト」はご存知でしょうか?

 

 

枕や布団にひと吹きするだけで、良い香りが広がるリラックスアイテムです。

 

疲れた日、落ち込んだ日。翌日に引きずらないように、

睡眠の質を上げて元気に過ごしたそんなときに、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

大好きな香りに包まれて、心安らげる時間が過ごせるでしょう。

 

昼寝(仮眠)で予防

日頃充分な睡眠が確保できず、慢性的な睡眠不足に陥ると「睡眠負債」と呼ばれるツケが回ってきます。

 

睡眠負債があると、脳の活動が低下し健康リスクが高くなり、仕事や勉強にも悪影響を及ぼします。

 

とはいえ

現代社会においてストレスなく日々変わらない睡眠を行えない状況にある方も多いことでしょう。

そういった場合は、昼寝や適度な仮眠をとることによってその負債を返済するように心懸けると良いです。

 

特に、ランチ後の14~15時頃にやってくる眠気、

ここで15分から20分程度の昼寝をすることによって、リフレッシュすることができ、睡眠不足の解消に繋がります。

 

 

ただ、夕方以降に仮眠をとると体内時計が乱れるため、本来寝る時間に寝付けず翌朝にそのツケが回ってきます。

 

 

さらに、どうしても徹夜をしなければいけないことが決定しているのであれば、

徹夜前にあらかじめ仮眠することにより睡眠を先取りすることが可能になります。

 

 

昼寝(仮眠)についてさらに詳しく知りたい方はコチラ

慢性的な睡眠不足や、急な眠気は【昼寝や仮眠】を使って効率的に活動しよう!

 

まとめ

いかがでしたか?
寝ても寝ても眠い。そんな毎日を、あなたも過ごしていませんか?

 

 

頑張っているからこそ、一生懸命だからこそ、

消えない疲れがやってくる・・・。その繰り返し。

 

睡眠の質を改善することは簡単ですが、とても大切なことです。

 

明日を笑顔で元気に迎えることができるように、今日からぜひ試して欲しいと思います。

ヒーリング【レイキ】を使って心と身体を癒してみませんか?

ヒーリングレイキ、レイキ(霊気)とは、日本発症の民間療法の一種です。

 

元々は明治時代後期に海外から入ってくる様々な思想を
日本古来の技術と融合させ発展させた療法と言われています。

宇宙や自然、人体が持つエネルギーをスピリチュアルな解釈として「霊気」と呼ぶこともあるようですが、

その後、アメリカやヨーロッパにその技術が伝えられ
「Reiki」と発音する概念として世界中に伝承されていきました。

 

西洋レイキ

現在、日本を含め一般的なレイキは
生命が持つ生体エネルギーを施術者から患者へと流すことにより
患者自身への自然治癒能力を刺激、促進し、エネルギーバランスを整えます。

これは目に見えない概念で心身を癒やすヒーリングの一種でもあることから
科学的根拠はなく、証拠に基づいた医術ではありません。

 

しかし、
世界中にレイキを施すサロンや専門期間は続々と拡大しており、
今や800万人を超える施術者がいると言われています。

 

レイキの普遍的な概念を積極的に広めるセミナーも多く、その力を伝承するアチューンメントと呼ばれる儀式(受講)を行い、レイキ能力を評価できるように体系化が行われています。

 

また、レイキは誰しもが持つものですから、
自分に対して行う自己ヒーリング(セルフヒーリング)や、物理的に離れている相手にエネルギーを飛ばす遠隔ヒーリングというものもあります。

 

レイキのやり方

レイキは道具などは一切使いません。

使うのは手のみで、施術者の手から発せられるエネルギーで
患者の身体に手をかざすことにより治癒を行います。

 

レイキの出し方

レイキは誰でも持つものですが、
ある程度練習を重ねることによってその力を育むことが可能です。

 

まずは、
地面にしっかりと足を付け、まっすぐと姿勢を整えることから始めましょう
肩の力を抜き、地面と平行になるようにして下さい。

 

次に呼吸を整えていきます。

口を自然に開いて、ゆっくりと息を吐いていきます。

 

この時、空からエネルギーが自らの身体に流れてくるようなイメージで
丹田(おへその下5cmほどの位置)にそのエネルギーが溜まっていくようにします。

 

息をしっかり吐いたら、同じくらい時間をかけてゆっくりと吸って下さい。

 

それを何度か繰り返すうちに、身体がふわふわピリピリして
優しく暖かい空気で全身が包まれたような感覚が持てます。準備完了です。

 

※これはある程度練習が必要ですが、それほど難しいものでありません。
慣れてくればちょっと呼吸を整えるだけでその状態になれると思います。

 

レイキハンド

呼吸を維持しながら両手を胸の前あたりで優しく合掌します。
それがレイキハンドです

 

レイキハンドの状態を保ったまま、
全身の力を緩め、手に意識を集中して下さい。

 

合わせた手と手の間に
暖かくジンジンとした感覚が生まれるはずです。

それが、手のひらからレイキが出ている状態になります。

 

レイキの施術方法

まず、患者には緊張をほぐし楽な姿勢をとってもらいます。

そしてオーラクレンジングと呼ばれていますが、
直接身体に触れない10センチ程度の位置を頭部からつま先にかけて数回、手で撫でるように旋回させます。

 

そうすることによりお互いのレイキの通り道をつくり、調和がとれます。

次に
レイキを他人に施術する方法として、一般的なのは
「12ポジション」と呼ばれる患者の身体の場所に手を当てていく方法です。

 

 

12ポジションは「頭部」「全面」「背面~下半身」と分けられており、
基本的には下記の1から12までの部位に順番にレイキを流していきます。

 

  1. 頭部
    1,目
    2,こめかみ
    3,後頭部
    4,鎖骨~肩
  2. 全面
    1,心臓の上
    2,肝臓~肺
    3、腸(丹田)
    4,そけい部
  3. 下半身
    1,腰(丹田)
    2,膝
    3,足首
    4、足の裏

 

関節部分は特にレイキが流れやすいと言われており、
そこから内蔵や疲れが溜まっている部位にエネルギーを流して下さい。

 

 

実際に
患者の方が「あたたかい」「気持ちいい」「じんじんする」と仰られるようであれば
しっかりとレイキが流れ込んでいる証拠です。

 

※施術方法は各流派により違いがあります。

 

 

レイキの効果

レイキの施術後の変化として、個人差はありますが、
以下のような効果が実感されています。

 

身体

・自律神経が整い免疫力があがった
・疲れやコリが緩和された
・手足の冷えが軽減した
・よく眠れるようになった
・腰痛や偏頭痛が薄らいだ


・やる気や集中力が増した
・夢や希望が持てるようになった
・イライラしなくなった
・自分に自信がついた
・過去のトラウマから解放された

 

※レイキの効果には様々なものがありますが、
個人差が大きいことや、医学的には証明されていないため、結果を保証するものではありません。体験されてみたい方は専門の講座や流派を調べて頂くことをおすすめします。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

とても歴史のあるレイキ(霊気)の世界はとても奥深くまだまだ解明されていない部分もたくさんありますが、

 

科学では証明ができない超次元の現象だからこそ、
レイキのエネルギーには人を引きつけるような不思議な魅力で溢れています。

 

 

あなたの生活にも
レイキを取り入れることでより良い毎日を送れるようになるといいですね。

 

 

癒しの音楽【ヒーリングミュージック】の魅力とその効果とは?

精一杯頑張った一日の終わりに

1週間働いた後の週末に

ベッドに入ってから眠りにつくまでの数分、、数時間?

穏やかで安心した気分で過ごせているでしょうか。

 

もしくは、

何も予定がない休日の午後、

午前中の家事を終え、お茶を口にするその一時

人間関係の雑踏から解放されて、自分に帰ってきた頃

優しい癒しの音楽と共にリラックスしてみては如何でしょうか?

 

ヒーリングミュージック

あなたはヒーリングミュージックをご存知ですか?

日常の中でも様々なシーンで聞こえてくるヒーリング音楽に、誰しも一度は触れたことがあると思います。

 

ヒーリングミュージックには様々な形式、背景があり、世界中で嗜まれている素敵な文化の1つでもあります。

 

代表的な様式としては

疲れやストレスを癒し、気分を落ち着かせるための環境音楽になります。

特に、現代音楽、ニューエイジ音楽として派生してきたヒーリングミュージックは、

心音よりスローなテンポで、耳を積極的に集中させるような旋律は多様せず、ぬくもりのある音階を緩やかに展開することにより時間の流れから乖離させるような効果を目的としていることが多いです。

 

ニューエイジ・ミュージックとしては、70~80年台の高度経済成長期に商業的でビビッドなポップミュージックのアンチテーゼとして若者たちがより自然回帰、宇宙的な思想を元にスピリチュアルな要素も含みつつ派生した音楽のジャンルになります。

 

または自然の音として、川のせせらぎ、水の流れる音、雨の音、風の音、森の中でさえずる鳥の歌や海辺の波の音。

これらは人に安らぎを与えるといわれる特定の周波数(音の高さは周波数で表すことが出来ます)

を多く含んでいます。

 

実際に、雨の音や波の音が心地よいと感じる方は多いのではないでしょうか。

 

α波(アルファ波)

本来、活発に活動して集中している最中、人間の脳はベータ波を出している状態にあります。

しかしベータ波のみだと脳に疲労が蓄積されていき、休息を求めるようになります。

この時、ベータ波がある状態でアルファ波が同時に出ることで、意識は保ちながら脳の活動のみ緩やかになることがあります。

何も考えずにボーッとしていたり、うとうとと眠くなるような状態のことです。

これが完全にアルファ波のみになると、意識を失い眠ってしまうのです。

 

ただ、近年ではアルファ波が出やすい状態になると

集中力が上がり、脳の一部が活性化されると言われており、

それが自律神経を整えたり免疫力を高めるのではないか、との研究も行われているようです。

 

つまり

ヒーリングミュージックがアルファ波の発生を促進することにより、リラックス効果や睡眠、瞑想などへの促進が得られると考えられています。

 

特にクラシックやジャズにはその力が大きいと言われていますが、喫茶店やバーなどで静かに流れている音楽には、興奮を抑えリラクゼーションを与えるため、自然にそれが選択されてきたとも考えられるのではないでしょうか。

 

1/fゆらぎ

「1/fゆらぎ」とは、川の流れる音や、木々が風に揺れる音、波の音など、人間がコントロールしていない自然の周期、一定ではないランダムなリズムのことを指します。

 

少し専門的な説明をすると

0より大きい有限な周波数 fに対し、一定のスペクトル(エネルギースペクトル密度)が反比例して起こる”ゆらぎ”のことです。

 

自然から聞こえてくる音には、この不規則なゆらぎが含まれており、

元々人間の身体の活動リズム(血液の流れや心拍、ニューロンの信号伝達)が不規則であることから、我々がその揺らぎに同様し、感じることにより自律神経を整えたり、安定をもたらすと考えられています。

 

これは音楽以外でも、炎の揺れや、木漏れ日、ホタルの明滅など自然発生的に起こっているランダムな現象にも当てはまります。

 

焚き火をじっと見ていると安心する。

そんな方は多いのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

ヒーリングミュージックがもたらす恩恵は、目に見えない領域のためまだまだ研究が進められています。

 

医学的な見地から、懐疑的な意見はありますが、

それでも私達は自分の好きな音楽や、美しい景色を見ることによって確かに気分を落ち着かせています。

 

もし、気に入ったものがあれば、リラックスする姿勢をとって

一生懸命過ごした一日のラストに、ヒーリングミュージックを聞いてみては如何でしょうか。

 

 

あぁ癒やされたい…【ヒーリング】とは?その種類と奥の深さをご紹介します。

「ヒーリング」は、イコール「癒し」。

ヒーリングとは、心や体の不調を回復させたり

ストレスや不安、ネガティブな感情などを軽減するための技術、方法になります。

 

ただし、治療ではありません。

直接的に怪我や病気を治すためのものではなく、身体を癒やすことにより、治癒へ向かうための活力を養うための方法と言えるでしょう。

 

ヒーリングの種類

あなたが日々の仕事や人間関係で疲弊してしまっている時、どんな欲求が生まれるでしょうか。

疲れてしまった自分を癒し、リラックスした状態まで癒してあげたいと願うはずです。

 

では実際に、ヒーリングとはどういった種類があるのでしょうか。今回はその一部を紹介したいと思います。

 

アロマ

アロマテラピーとは、一般的に自然の植物の精油(エッセンシャルオイル)を抽出したものから発せられる匂いによって、リラクゼーションの効果を期待するものです。

 

匂いは鼻腔を通り、脳の神経に直接働きかけることによって自律神経を整えたり、心の安らぎを得ることが出来ると言われています。

また、肌に直接塗ってマッサージを施すことにより血行の促進が期待されています。

 

※西洋ではアロマを使った伝統的な医学として認めている人々もいますが、まだまだ研究は不十分であり賛否が別れています。

肌への直接塗布は個人の健康状態によっては逆効果や健康を悪化させる場合もありますので、製品の注意書きや専門の医師に相談を受けてみて下さい。

 

しかしそれだけ可能性を秘めているとも考えられます。

実際、その芳香はとても魅力的で気分がリフレッシュするような感覚になると思います。

 

音楽(ヒーリングミュージック)

癒しを目的として作られた音楽として「ヒーリングミュージック」

ヒーリング音楽は、人間がリラックスすると言われている特定の周波数を含んだ音を、ゆったりとしたテンポで聞くことにより、気分が落ち着いたり、

よりよい睡眠へ導いてくれる効果が期待されています。

 

心理学においても音楽療法は認められており、心理状態と比例する旋律を聞くことによりストレスが緩和されるとの研究結果も出ているようです。

 

また、あるアメリカの研究機関によれば、悲しく切ない音楽を聞くことにより気分が安心し脳波が安定すると発表されました。

 

泣きたい時や、赤ちゃんを寝かしつける時、興奮を冷ましたい時、穏やかで優しい音楽を流すことがあると思いますし、

モロッコやアルプスなどに居住する少数民族などは、出産の祝い事や死者の葬い、大事な決め事をする際に神様を呼ぶような儀式として、ヒーリングミュージックの音楽様式に近いサウンドを奏でることがあります。

 

慈愛や憂い、そして神秘的な雰囲気を醸すヒーリングミュージックはとても魅力的なものです。

 

スピリチュアルとしてのヒーリング

これは人間や宇宙、自然が持つであろうオーラやエネルギーを共鳴、調和することによりヒーリングの効果を期待するものです。

 

スピリチュアルヒーリングなどは心霊治療とも呼ばれており、懐疑的な立場をとる人々もいます。

しかし、

例えば霊気(レイキ)や遠隔ヒーリングなどは、施術者のもつエネルギーを、受ける人に流し込むことで身体や心の健康を促進させようとする技術で

日本発祥のヒーリングですが、世界中から注目され様々な体系へと今も進化しているようです。

スピリチュアルサロンや専門の機関も多くあります。

 

また、中国においては”気”、”気功”として千年以上も前から研究されてきました。

気の流れる道「経絡」を刺激することにより不調を改善したりする鍼やお灸も、気功を派生させた技術の一つです。

 

マッサージ・リフレクソロジー

マッサージや、足裏のツボを指圧するリフレクソロジーもヒーリングの1つです。

マッサージには、指やヒジを使って体の特定の反射部位を押すことによって心身の不調を改善する東洋式のマッサージから、

エッセンシャルオイルを使い、優しく肌を滑らすことによって皮膚感覚を刺激する西洋式のマッサージ、

または歪んだ骨格や筋肉、筋の強制を行う整体や、タイや中国式のマッサージなど、種類は多岐に渡ります。

 

肌の触れ合いには、皮膚感覚の刺激を伴ったリラクゼーション効果の他に、緊張や不安を緩和させる効果もあると言われています。

日本の文化には、肌を触れ合うコミュニケーションが欧米西洋諸国と比較すると少ないですが、握手やハグなどの身体的コミュニケーションは、お互いの心理状態を共有し、ネガティブな感情を抑えるために有効な手立てなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヒーリングについてほんの一部を紹介しましたが、もっと様々な技術があります。

とはいえ、癒やされるための方法ですから、かしこまらず、自分に合っていると思うやり方を選択することが一番だと思います。

 

その中で、本当に癒やされた。と感じるものと出会えるといいですね。

 

 

 

癒しが必要?【疲れた】心と体。もうクタクタなアナタヘ…。

体が重いし気持ちも憂鬱。

毎日がんばっているからこそ、蓄積していく【疲れ】の問題。

 

慌ただしい日々を過ごしていく中で、体と心が前を向いてくれないと、

仕事のモチベーションはもちろん、プライベートを楽しむ気持ちさえも、

見失ってしまうことってありますよね。

 

疲れが残ることで、集中力が続かなくなってしまったり、

せっかくの週末も、家に引きこもってしまったり。

 

取れない【疲れ】にサヨナラをして、ポジティブな毎日を過ごすために、

癒やしの力を借りてみませんか?

 

とにかく休むこと

だるい。眠い・・・。忙しいさと疲れに追われる毎日の中で、

自分自身と向き合う時間さえも、満足には得られない。

そんな日々を過ごしていませんか?

 

バタバタと家を出て、ヘトヘトになって帰宅する。疲労を感じる、その繰り返し。

仕事が充実しているということは、素晴らしいことですが、

時間がないという状況で、どうしても疎かになってしまうのが、

心の声に耳を傾けるということです。

 

癒やしを求めるその声に、しっかりと耳を傾けること。

疲れを感じているのなら、思い切って休む選択をして下さい。

心と体の回復には、時間が必要です。

 

自分を見つめ直す

自分自身を労るということは、難しいこともあるかもしれません。

けれどそれでは、いつまで経っても疲れは消えないまま。

元気を取り戻すことができるように、まずは生活習慣を見直してみましょう。

 

食事はもちろん、睡眠や運動など。

一日の時間の使い方や、気に掛かっていたものを改めるタイミング。

 

難しく考えれば、息苦しさを感じてしまうこともある。

まずはできる範囲で意識をするということから、始めて欲しいと思います。

「野菜が不足しているかもしれない」 「最近ぐっすり寝てないな」

なんとなく心に引っ掛かっていた事柄を、ひとつずつクリアしていくこと。

 

そのためには時間の調整はもちろん、日々の生活リズムも見直しが必要になりますよね。

生活を整えていくことは自分の今を知ることへつながります。

 

休んでいる罪悪感

いつもいつも休んでばかり、周りの人はきっと私より頑張っている。

私はなんてダメな人間なんだろう。

 

そんな罪悪感はさらにあなたの心を蝕みます。

 

きっちり仕事に行って、プライベートの付き合いも欠かさない。

それが義務感から来るもので、休みたいけど休むのは悪い気がする。

場合によっては”うつ病”の可能性もありますから、

気になるかたは専門の心療内科を受診することをオススメします。

 

あなたはもう十分頑張っているのだから、

休んでいいんです。

今の自分の生活スタイルと併せて、良く考えてみて下さい。

 

疲れを癒やすために

心が晴れず、気分もどんより。

疲れを引きずり、心身ともに元気がでないときは、

少しでいいので、からだを動かす時間をつくりましょう。

 

簡単なストレッチや、ウォーキング。

からだを動かすことで、気持ちも少しずつ前向きになり、

やる気が出てくることってありませんか?

 

朝はカーテンを明けて、太陽の光を浴びて深呼吸。

眠る前にはスマートフォンを触るのではなく、温かいハーブティーを飲んで、

リラックスしてみたり。

 

一日の始まりを、そして終わりを。

 

穏やかな気持ちで迎えることができるように、疲れた心と体へ安らぎを与えてあげて欲しいと思います。

少し面倒くさいと感じることでも、一歩を踏み出せば、

癒しの時間へつながることもある。

疲れを取りたいときは溜めないように、日々疲れを癒やす方法を見つけてることが大切です。

 

ヒーリング・ミュージックの力

付きまとう疲れに、ぐったりとして、

モチベーションが上がらなかったり、ポジティブでいられなくなったり。

辛い経験をされた方もきっと多いのではないでしょうか?

 

心の充電が切れてしまったような、やる気の湧かない毎日は、

さらなる苦痛を連れてきます。

最悪、溜まった疲労から熱を出してしまったり、

体調不良になってしまったり・・・。できれば避けたい、これ以上の疲れ。

大切な日々の癒し、そしてリフレッシュを求めても、

なかなか満足にプライベートな時間を作れないという場合も、あるでしょう。

家族がいて子育てがあったり、両親の介護なんていう問題もあるかもしれません。

そんなときこそおすすめしたいのが、ヒーリング・ミュージック。

 

その名の通り、心に癒しを求めたときに聴いて欲しい、

穏やかで優しい音楽です。

ゆったりとまるで深呼吸をするかのように静かに、緩やかな安らぎを感じられる、

癒しに溢れたヒーリング・ミュージックは、小川のせせらぎや鳥の鳴き声、

海の波音などが使われているものもあります。

心地よい時間を過ごしたいとき、一人になりたいとき。

目を閉じて癒しの音色に心を委ねてみるのも、ひとつのリフレッシュになるでしょう。

音楽の力によって、疲れから開放されるあの瞬間。

きっとあなたの中に、新しい感情が芽生えるはず。

 

私達Healing-Holicでは、ヒーリングミュージックの制作も行っています。

気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

Healing Horizon

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

取れない疲れに悩まされているときは、一度立ち止まり、

今の生活に時間の使い方を、見つめ直す時間をつくりましょう。

 

生活に向き合うということは、自分を見つめるということでもあります。

心に引っ掛かっていた、疲れが取れない原因であろう、

小さな積み重ねを改めることで、少しずつ状況は変化していくはずです。

 

だからと言って、無理はしないこと。

自分のペースで、ひとつずつクリアしていくイメージで、

実践して欲しいと思います。

好きなもの、心を満たす大切なものにも目を向けながら、

日々をHAPPYに過ごしていきましょう。