オーガニック認定ブランドのみ【自然派スキンケア】で癒されたい!その定義と代表的ブランド5つ

オーガニックと謳う美容やコスメには様々なものがありますが、

スキンケア系の代表的なブランドを中心にご紹介したいと思います。

 

せっかくお肌に直接つけるものですから、体に優しいものがいいですよね。

 

と、その前に以外と知らない「オーガニック」について少しだけご紹介します。

実は以外と難しいオーガニックの世界、ただオーガニックと表記されているだけでも実は人工物や添加物が含まれているケースも多いのです。

 

オーガニックとは

オーガニックとは、一般的には”有機的な”という意味となり、農薬や化学肥料を使わない農作物のことを指しています。

元々は有機と同じ意味であるため、太陽と水、土と生物などの自然の力だけで成り立つ作物なのです。

無駄な人工物を使っていないので、添加物が混じっているものよりは比較的安全で安心と言えるでしょう。

※オーガニックは自然由来で、自然を恵みを受け、自然を守ろうとする思想であり、それ以外のリスクを保証するものではありません。

 

オーガニックマーク

日本ではJAS法といって、有機農産物や加工品を販売する際に、登録認定機関の検査、認証を受けることにより有機JASマーク(オーガニック認定)をつけることが義務付けられています。

つまりJASマークを取得していなければ、商品に対して「オーガニック」と表記することはできないのです。

しかしこのルールは国産の「有機農産物」と「有機農産物加工食品」のみに適用されますから、それ以外の商品に関しては曖昧になっています。

※この点は背景や詳細の事情により法律的にデリケートな問題ですから、詳しく知りたい方は専門のサイトや機関に問い合わせてみてください。

ちなみに、オーガニックの検査をすることが許される専門の資格もあります。

 

特に、上記農産物以外では生産者が不用意にオーガニック表記をするため、市場が混乱しているという背景がありますから、購入の際は自身でよくお調べになってからが良いかと思います。

 

オーガニックコスメ

前述した通り、日本にはコスメや美容製品に関する「オーガニック」の審査基準はありません。

仮に、オーガニックの表記がされていたとしても、国産のものであれば企業や団体によって統一されてはいませんので注意が必要です。

 

また、オーガニックとより近い概念で使用されている言葉には下記の2種類があります。

 

無添加

全成分表示が義務化される前に表示が義務づけられていた『旧表示指定成分』が添加されていない化粧品
※旧表示指定成分の「すべて」が無添加であるかは化粧品によって異なります。

自然派

自然由来のものを主な成分として配合している化粧品
※自然由来の成分が「主」なものかは化粧品によって異なります。

 

しかし、こちらにも明確な基準があるわけではありませんから、購入の際にはできるだけ含有される成分についてよくお調べすることをオススメします。

 

海外のオーガニック事情

日本にはオーガニックの規定はありませんが、海外には国によってオーガニックの認証機関があります。

その厳しい基準をクリアしたものですから、信頼性は抜群です。

下記に、主な海外のオーガニック団体を参考までに列挙します。

ECOCERT

フランスで設立したヨーロッパ最大の認証機関です。

 

COSMEBIO

こちらもフランスの機関で、欧米においてコスメビオマークがついた商品は非常に本格的なオーガニックスタンダードであると言われています。

 

BDIH

ドイツの化粧品企業連盟を母体にもつ認定団体で、自然保護や動物実験などにもかなり厳しく審査基準が定められています。

 

NATRUE

ベルギーの非営利なオーガニック審査機関で、審査基準の厳しさは織り込み済みです。

 

SOIL ASSOCIATION

イギリスの団体で、イギリスの実に80%がこちらの認定を受けていると言われています。

 

スキンケア

スキンケアのオススメブランドから、全てオーガニック認定を受けたものになります。

 

スキン (SUKIN)

オーストラリアの「カーボンニュートラル」というオーガニック農法が採用されているコスメで、カーボンニュートラルとは製品が販売業者に納品されるまでのカーボン排出量がニュートラルであることが基本となり、農薬を使わず天然資源のみで作られた製品になります。

さらにSUKINではNo動物実験(動物実験を行なっている業者とは取引もしないそうです)、合成香料未使用、100%ビーガンで、容器も全てリサイクル可能な徹底ぶり。

オイルやクリーム、ミストなどもAmazonで取り扱っていますから、ぜひチェックしてみてください。

 

BeGarden

ビーガーデンは上記フランスのオーガニック検定エコサートの審査基準をクリアした、化学添加物不使用の100%ナチュラルなホホバオイルです。

乾燥肌やオイリースキンにも併用が可能ですから1年を通して、1本持っているといいかもしれませんね。

べとつかず、しっとりさらっとした使用感になっています。

その他にもスクワランやアルガンオイル、マカダミアオイルなどもあります。

 

WELEDA

ヴェレダはドイツの医療、医薬品チームが創業した歴史あるコスメブランドです。特に助産師と共同開発したベビー用品には定評があり、ベルギーのオーガニック検定NATRUE認証の安心、安全なコスメです。

デリケートな肌問題へコミットしたハーブ由来のこだわりは素晴らしく、世界50ヶ国で愛用されています。

 

Dr.Hauschka

ドイツ生まれ世界的老舗ブランド、ドクターハウシュカ。

医薬品メーカーから誕生した、その専門技術と経験に裏打ちされる天然成分100%の安全性や信頼性は、ハリウッド女優や世界のセレブにも愛されています。

ベルギーのオーガニック検定NATRUE認定の安心なブランドです。

こちらはミルクのクレンジングですが、リップやハンドケア、ボディなど幅広いライナップが魅力です。

 

Melvita

1983年創業のメルヴィータでフランスで最大のオーガニック認証ブランドと言われています。

ほぼ全ての製品において各国のオーガニック認証を受けており、環境保護を基本として純粋でナチュラルなブランドを確立してきました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

しっかりとした基準で審査を受けたオーガニックのブランドを見極めて、体に優しいスキンケアを目指して欲しいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう