それぞれのチャクラとそれぞれの瞑想方法~第7チャクラ~

チャクラは主に地面から吸収したエネルギーを、1(下半身部分)~7(頭頂部)に流すことで、
人間が本来持っているエネルギーを呼び起こし、外部からのエネルギーと中和するとされています。

 

【チャクラ】って何?その意味と働き、まずは”基本”を理解して健やかに生きよう!

 

第7チャクラ

今回は【第7チャクラ】についてお話します。

■場所・部位:頭頂

■色:紫

■特徴:人生・心

「クラウンチャクラ」とも呼ばれる、霊性を高めるエネルギーを秘めている第7チャクラ。

 

運命や過去世と言った、あなたの人生や心に影響を与えるとされている、

スピリチュアルな意味合いの深いチャクラです。

 

第7チャクラは言わば、1~6そのすべてのチャクラの集大成のようなもの。

自分の居場所を知り過去世を見つめ、運命に出会います。

 

そこで学びを得て、私たちは人生の指針を見つけるものですが、

時に魂の試練とも呼べる出来事を乗り越えなければならないこともあります。

 

第7チャクラは宇宙と深い繋がりを持ち、私たちはそれを活性化し開くことによって、

高次元との繋がりを感じられるのです。

 

第7チャクラの不調は、魂への感謝を見失うことでもあります。

運命そして宿命を嫌い、環境の変化に過敏な状態。

 

夢見がちになり現実を見つめず、何事も行動を起こす前に諦めてしまう。

自分の居場所が分からないからこそ、とりあえずそこにとどまる選択をしてしまうのでしょう。

 

一つの考えにとらえわれてしまうことで、自分の殻に閉じこもってしまうのかもしれませんが、

それではいつまで経っても物事は動き出しません。

 

人生も心も成長を遂げられず、迷いばかりが増えてしまいます。

 

反対に第7チャクラが好調のとき、私たちの頭は冴え感受性が豊かな状態です。

インスピレーションが湧き上がり、悟りの境地へと向かう人も少なくないでしょう。

 

自分という存在をしっかりと理解することで、魂の感謝が自然と心に溢れます。

心身のバランスが整うことで魅力に溢れ、生まれ持った本来の輝きを放つことができるのです。

 

瞑想・ヒーリング

柔軟な思考を意識して下さい。

 

第7チャクラの場所であり部位は頭頂です。

天にまっすぐと伸びる光。そこに続いていくエネルギーを両手を上にあげて受け取りましょう。

 

第7チャクラの活性化でもある瞑想は、1~6のチャクラの調和がとれているこちが重要です。

 

与えられものを受け取るイメージをしながら、キラキラと光り輝く眩しいほどの紫のオーラの中へ・・・。

そこに身を置いて深い呼吸を感じて下さい。

 

大地に立ち自然に触れることで、魂への感謝を感じることも第7チャクラを育む大切な時間。

 

宇宙を想像し、自分自身という存在を強く抱きしめて欲しいと思います。

愛を持ち生きることへの学びをきっと受け取ることができるでしょう。

 

おすすめパワーストーン

第7チャクラにおすすめなパワーストーン【クリアクォーツ】

 

 

水晶でもあるクリアクォーツ。

エネルギーバランスを整えるとされており、心身の活性化を見守る石でもあります。

気の流れを整えたいときに、ぜひ身に付けてみて下さい。

 

 

持ち歩き身を守ってもらいましょう。

クリアクォーツは浄化のエネルギーに溢れています。

 

まとめ

いかがでしたか?

宇宙と深い繋がりを持ち、魂の試練を与えてくれる第7チャクラ。

自分の中に眠るスピリチュアルなエネルギーを、ぜひ感じて欲しいと思います。

 

第7チャクラはすべてのチャクラの集大成。

人生と心を動かし自分自身の成長を遂げるため、前を向かせてくれるチャクラです。

 

迷いから抜け出せず自分の居場所を見失ってしまうときは、チャクラの活性化を行なって欲しいと思います。

 

今まで何度もお伝えしてきましたが、チャクラは何よりも調和が重要です。

開きすぎたり閉じすぎている場合はそのバランスを見つめ直すこと。

 

心身の心地よい状態を目指しながら、日々瞑想を行なって下さい。

 

第7チャクラのバランス保つことで、魂への感謝に出会うことができるはず。

自分という存在を知るということは、過去世を見つめ人生の指針を見つけること。

 

一度きりの人生への向き合い方を教えてくれる、神秘のエネルギーを受け取って欲しいと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう