睡眠前のリラックスタイムに最適!【癒しの音楽】で幻想的な時間を過ごしませんか?

頑張って働いた/勉強した一日の終わりには、リラックスして安心した気持ちで眠れるといいですよね。

でも、現代社会における忙しなさからは、常に身体を緊張させストレスを与え、心が休んでいない状態が続いてるように思います。

 

せっかくの一日のラストに、寝る直前まで誰かとLINEをしていたり、スマホをいじってしまうそこのあなた。

今日は少しだけお休みして、リラクゼーションのための優しい音楽を聞きながら安眠してみませんか?

 

このコラムの最後に1本動画をご用意していますから、ぜひご視聴頂けますと幸いです。

 

癒しの音楽

癒し、ヒーリングミュージックは人間の心音と同じくらいか、もしくはさらにゆったりとしたテンポで耳に馴染みのよい音を使うことによってリラクゼーションを得る事ができます。

 

癒しの音楽は、ネガティブな気分を抑え脳波をより睡眠に近い状態へ誘うことが可能です。

その状態では、自立神経の中の副交感神経の活動が有利になることにより、心身の回復効果が見込め、ストレスを解消することが出来ます。

特に音楽は、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑え、不安や悲しみの感情を癒やすことが出来ると言われています。

 

また、近年では楽曲の中に含まれる人間の耳では聞き分けることが出来ない音がとても重要だと言われており、環境音や倍音、空気の反響音など、いわば雑音に近い無作為(作為的に制作することも可能です)な音が癒しやヒーリング効果をあげると考えられます。

これは音楽以外の自然の音、風の音や雨の音、水の流れる音など、非人工的で奥行きのある音世界でも同じことが言えます。

 

耳に近い音楽

最近のヒットしている音楽の特徴として、耳に近い音楽があります。

これは動画やスマホ、ラジオやスピーカーなどで再生した際、その音楽の最もキャッチーがフレーズのみが耳に残りやすく覚えやすい音楽のことを指しています。

 

インターネットやSNSなど、音楽を聞く環境としての選択肢が膨大にある現代の中で、ヒットを生むための必然とも言える施策です。

ただし、その単純でパターン化された音楽は、その分飽きられやすく、聞いていると疲れてしまうかもしれません。

もちろん気分を高揚させたい時や、元気をもらいたい時などは有効でしょう。

 

しかし音楽でリラックスしたい場合は、特徴的なメロディや歌詞がない音楽の方が適しています。

私たち人間は日常生活において、言語を司る左脳を働かせて生活しているのですが、これは非常にエネルギーを消費し、疲労が蓄積します。

記憶に残るような音階や進行、シンガーが歌う歌詞に耳が集中すると、必然的に左脳を使うことになります。

 

例えばクラシック音楽などは、右脳が使われていると言われています。

歌詞が無く、複雑なハーモニーで形成されている音楽ですから、左脳とは対照的な非言語脳である右脳が使われるのです。

その状態では、起きている間は常に活動させている左脳を休ませ、右脳が活動し始めるため、癒しを得ることが出来るのです。

 

ヒーリングミュージック

ヒーリングミュージックは様々なジャンルがありますが、

その用途も、アロマやヨガ、瞑想やマインドフルネスなど、幻想的な雰囲気と空気感を作る上では欠かせない存在になっているかと思います。

癒しの音楽【ヒーリングミュージック】の魅力とその効果とは?

 

また、睡眠時に脳が発するアルファ波と呼ばれる特定の周波数と同じ周波数帯を多用した癒しの音楽は、安眠するためには最適で、緊張をほぐし、安らかな気持ちに誘うことが出来るのです。

 

では最後に、

リラックスした状態で睡眠するためのヒーリングミュージックをご紹介致します。

叙情豊かなピアノの旋律を使い、多くの周波数を使うことで右脳を刺激し、自立神経のバランスを整えます。

 

感動リラックス!睡眠・アロマ・癒し・涙【ピアノを使ったヒーリングミュージック】で自律神経を整える  〜relax, aroma, healing music〜

美しいゆったりとしたピアノのフレーズと幅広い周波数で心と身体を癒やすリラクゼーションミュージックです。

 

Healing Horizon

当サイトのプロジェクトの1つとして、良質なヒーリングミュージックの制作を進めています。

ヒーリングやリラックス、胎教や安眠用にも

ちょっと疲れた夜の一時にいかがでしょうか。

 

↓詳しくはコチラ

Healing Horizon

 

 

 

慢性的な睡眠不足や、急な眠気には【昼寝・仮眠】が大事!3パターンの仮眠方を覚えて効率的に活動しよう!

あー眠い!朝から眠い。疲れがとれていないような気がするし、なかなか起きられない。

お昼ご飯を食べたあと、急激に襲ってくる眠気、なんとか起きていたいのにまぶたが重い!

あの眠気に抗うことはなかなか出来ませんよね。

 

しっかり寝たはずなのにどうして?

温かくてぽかぽかしてくると決まってボーッとしてくる。気づけば頭をフラフラ、きっと半目でひどい顔。

 

そんなあなたに、今回は昼寝(仮眠)をオススメ。

まだまだ知らない睡眠の世界と睡眠負債を貯めない方法、効率的に昼寝をして日中のパフォーマンスをアップする方法をご紹介致します。

 

睡眠について

人間の日々の睡眠時間として、健康リスクや長寿との関連性をみると、最適なのは6~7時間程度と言われています。

中には9時間や10時間と個人差はありますが、心臓病の発生率と睡眠の因果関係の調査では7~8時間睡眠の人が最も心臓病になりにくいという結果が出ています。

また、6時間未満の睡眠では心身へのリスクが高まると言われており、アンチエイジングの中心とも言われる成長ホルモンは、その7割が睡眠中に分泌されるため、それほど睡眠と健康は密接な関係なのです。

 

睡眠のサイクル

睡眠は、浅い眠りの状態「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の大きく2つに分類され、

レム睡眠とノンレム睡眠が1セットで1サイクル、およそ90分になります。

そのサイクルが一晩の睡眠の中に4~6回繰り返されています。

 

しかし、たとえ最適な睡眠時間を確保出来ていたとしても

いびきや尿意、寝室の温度調整や寝る前の行動によって睡眠が阻害されてしまいます。

正しい睡眠時間があったとしても、日中異常な眠気に襲われるようであれば、まずはその生活週間から見直すようにしましょう。

 

睡眠負債

「睡眠負債」とは、日々必要な睡眠がとれていないため、慢性的な睡眠不足のことを指します。

寝ていない分は借金となり、健康に対する弊害として脳の活動が低下し、集中力や思考、記憶力の低下、または肉体的な疲れ、倦怠感が回復しない状態になります。

 

また、あまりにも長時間寝ることによって翌日寝付きが悪くなってしまうのは、睡眠を先取りしてしまうことによって体内時計のリズムが乱れてしまうことが原因です。

逆にどうしても徹夜しなければいけないようであれば、徹夜の前に仮眠をとっておくことである程度は睡眠を前借りすることが出来ます。

しかし体内時計は夜の過ごし方より朝の過ごし方の方が重要視されており、

体内時計に大きな影響を与える「メラトニン」と呼ばれるホルモンは、その活動のスイッチを入れるためには朝陽を見ることだと言われています。

適切な時間にスイッチが入ったメラトニンは、その後14~16時間くらい経過したタイミングで分泌を開始し、眠気を誘います。それがちょうど就寝前の夜ですね。

 

なぜランチ後に眠くなるのか

上記のように質の悪い睡眠や、充分な睡眠時間を確保出来ていないために日中眠くなるケースや、体内時計が狂っているケースはもちろんありますが、

睡眠が充分でも眠気はやってきます。

 

ランチを食べた後14時頃に襲ってくる睡魔。

これは「アフタヌーンディップ」と呼ばれ、人間が本来持つ生理機能なのです。

アフタヌーンディップは満腹感からくる充足感や、けだるさが睡眠を誘い、健康な人でも14時頃には自然に眠気がやってくると言われています。

※消化のために脳の血流が減ると言われていますが、実はこれは間違いなのです。

 

 

昼寝(仮眠)について

忙しない現代社会に生きる上で、ストレスなく最適な睡眠をとることはなかなか難しい方もいるでしょう。

ですから、昼寝(仮眠)をとることによって脳をスッキリと癒し、仕事や勉強が効率的に行えるよう対策していきたいと思います。

 

仮眠は、NASAやGoogle、アップルなど世界的な大企業も業務の間の仮眠を推奨しており、眠気のピークである14時頃に仮眠をとることでリフレッシュし、業務効率が格段に向上しているのです。

うとうとと脳が疲れている状態では、ルーチンワークのパフォーマンスが下がったり、大事な会議の場面で創造性やそもそものやる気が低下してしまったりと、昼寝はその悪循環を解消するための大きな手法と言えるのです。

 

また、ヨーロッパでは昼食後の昼寝を「シエスタ」と呼び、ビジネスマンや主婦においても昼寝は日常的なものなのです。

 

 

昼寝の効果

前述した大企業の仮眠の取り組みから明らかになった研究結果では、

宇宙飛行士が26分間の仮眠をとることで、認知能力が34%、注意力が54%も向上しました。

また、アテネ大学医学部の研究発表では、昼寝をすることにより死亡率が37%下がるとも言われています。

 

それ以外にも下記のような効果が期待されます。

  • 集中力の向上
  • 血圧低下
  • 認知症発生リスクを下げる
  • 自立神経の安定
  • 免疫力の向上
  • ストレス解消

 

※いずれも適切な仮眠をとった場合です。逆に過度な睡眠をとると悪影響を及ぼす可能性があります。

 

昼寝(仮眠)の方法

最適な仮眠をとる方法をご紹介したいと思います。

今回はケース別に3パターン順にご説明していきます。

 

パワーナップ

パワーナップとは、正午の早い時間、14時~15時までの間に15分から30分程度の仮眠をとることです。

コーネル大学心理学者の造語で「パワーアップ」と「ナップ=昼寝」をかけ合わせたものになります。

 

午後の仮眠で大事なことは30分以上寝ないことと、15時以降は逆効果であること。

そして横になってはいけません。できれば椅子に座った状態で寝るようにしてください。

15~20分程度が最適と言われていますから、横になった状態で深い睡眠に近づいてしまうと、起きるのが辛くなってしまいます。

座ったまま、椅子や壁にもたれかかるような姿勢で目をつぶって下さい。

※机に突っ伏した状態では首に圧力がかかり、起きた時に痛みやダルさが残ります。

 

この時、部屋は暗くする必要はありません。

しっかり照明を落としてしまうと起床が難しくなりますから、できれば薄っすらと光を感じるようにアイマスクを付けるのがベストです。

また、ベルトや時計、アクセサリーなど身体を締め付け適度な睡眠を阻害するため、外すようにして下さい。

 

尚、仮眠前にカフェインを摂取しておくと、カフェインが効き始めるタイミングがちょうど30分程度なので、スッキリ目覚めることが出来ます。

 

 

ホリデーナップ

ホリデーナップはウィークデーにするパワーナップとは対照的に、休日の午後、平日に溜まったストレスや疲労を回復するのに大変役立つ仮眠方法です。

医学部に、寝だめは効果が認められていませんから、平日の睡眠不足を休日に長い時間寝ることで補うことは出来ません。ホリデーナップをする日の朝も、平常時と同じような時間帯に目覚めるようにして下さい。

 

ホリデーナップはパワーナップと違い、「90分」の睡眠をとります。

90分はレム睡眠とノンレム睡眠の1サイクルとなり、上手に使いこなすと6時間相当の睡眠と同程度の回復効果が見込めると言われています。

また、リラクゼーション効果や癒し、ストレス解消、睡眠負債の調整、その後の予定の活力向上などに役立ちます。

 

ホリデーナップは12時~15時の間で、就寝用のベッドで寝ます。

身体を締め付けるような服装、アクセサリーは外し、就寝時同様パジャマで寝ることをオススメします。

こちらも15時以降の仮眠はその後夜の睡眠の妨げとなるので控えて下さい。

 

 

1分間仮眠

それでも時間がとれない。仮眠なんて無理。

そんなあなたに1分間仮眠はいかがでしょうか。

 

1分間仮眠は、うっすら眠気を感じるようなタイミングで、

椅子に深く腰掛けるなどのリラックスした状態で、1分間だけ目を閉じる方法です。

たったこれだけでも、視覚から入ってくる情報を遮断し瞑想状態に入ることで、思考や記憶、感情が整理されリフレッシュすることが出来ます。

 

仮眠が禁止されているような状態であるなら、ちょっとした空き時間やトイレなどでもさっと実践出来ますから、ぜひ試してみて下さい。

 

 

目覚めたら

仮眠が終わって目覚めたら、できるだけ早くストレッチをするようにして下さい。

軽く首を回したり、身体を反らせる程度で問題ありません。

仮眠時、一時的に下がっていた体温が上昇し、血流が勢いを増すことにより脳が覚醒します。

 

できれば冷たい水で手や顔を軽く洗い、日光を浴びることでメラニンの分泌を抑え、

寝不足時の苦しさではなく、スッキリとした壮快な感覚を得ることができます。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

体内時計のバランスが崩れてしまい、慢性的な睡眠不足や不眠に悩む方は、ぜひ上手に仮眠をとって効率的な毎日を過ごして頂きたいと思います。

 

仮眠や昼寝も大事ですが、本来である夜の睡眠を向上させるため、こちらのコラムも読んでみませんか?

寝ても寝ても眠い!今すぐ劇的に質の高い【睡眠】を得る4つの方法

 

 

 

 

 

簡単♪【お手軽ヒーリング】デスクワーク中、職場でも出来るリラックス方法って?

忙しい仕事。気を遣う人間関係。

職場にいるだけで、疲れを感じてしまう毎日をあなたも過ごしていませんか?

 

デスクワークで体は凝るし、緊張感から心も凝る。

 

そんな心と体に溜まった疲労を癒やす、お手軽ヒーリングアイテムやストレッチ。

あなたも今日から始めてみませんか?

 

癒しの時間は職場でも必要です。

日々を笑顔で過ごすための参考になりますように。

 

座っても出来るリラックス方法

職場でのデスクワーク。癒しが欲しいと感じたことはありませんか?

 

長時間PCの前に座りっぱなしで感じる、肩の凝りや腰の痛み。

ただでさえ緊張感が抜けない勤務中は、体に力が入ってしまう場面もきっと多いですね。

 

毎日の仕事。一日の終わりには、様々な疲れを感じるはず。

精神的な疲労。肉体的な疲労。

それでも明日も働かなければいけない・・・。

 

ブルーになってしまう毎日だけど、だからこそ疲れを溜めないように、

今できることは今やっておきましょう。

 

座ったままでもできるリラックス方法。簡単手軽に行なえるストレッチを紹介します。

重くなった心と体を、ヒーリングの力を借りて優しくほぐしてあげましょう。

 

座ったままストレッチ

体の凝りや痛みを感じたときは、緊張した筋肉をほぐすこと。

放っておかず、疲れを感じたときに体を動かすように心掛けましょう。

 

同じ姿勢でいることでむくみ感じたり、体の怠さを感じることもありますよね。

そんなときは足首を動かして、血流の促進をはかりましょう。

 

同じ姿勢

長時間座った姿勢を維持することにより、血流の流れが滞り、下半身に溜まってしまいます。

立ち眩みが起きるようなら危険信号、下半身の筋肉がポンプの役割を果たすのですが、それが劣っていると全身で循環が不純になります。

本来であれば程よい筋肉を付けて置くことが重要ではありますが、筋トレはなかなか続きません。

 

ですからデスクワーク中に気づいたら、足首を回して伸ばす。その繰り返し。

つま先とかかとを交互に上げ下げしてみましょう。

周りの目を気にせずに、机の下で手軽に行えるストレッチです。

 

またトイレや休憩に出る際、膝を曲げて起こす屈伸を2~3回繰り返すだけで、縮んだ筋肉や筋が伸び、下半身に溜まった血液が上昇してきます。

この時体温が上がるような感覚があるかもしれませんが、それだけ血流が悪いという証拠なのです。

 

 

背伸び

背伸びをするように、両腕を伸ばしてみましょう。

 

深呼吸をしてリラックス。こちらも座ったままOKです。

 

 

姿勢良く作業ができれば一番ですが、どうしても集中しているうちに、

PC画面を見ようと前のめりになってしまったり、手元の資料に夢中になって、

猫背のような姿勢になってしまうこともありますよね。

 

簡単に背中と腕をスッキリさせるストレッチです。

 

首や肩甲骨周りには大事な神経やリンパ節などが密集していますが、ストレッチを行うことで血流を促し、体温を上昇させることによって自立神経を整えます。

特に猫背や、首が肩が身体の全面内側に丸くなるような姿勢では、血管を圧迫し脳に大事な血液が流れることを阻害してしまいます。

集中力や記憶力の低下を招きますし、内蔵にも負担がかかってしまうので、なるべく首や肩周りは同じ姿勢を長時間とらないようにしましょう。

 

かっこ悪い姿勢

近年、PCやスマホの普及によって、電車の中でもほとんどの方が常にディスプレイを見ている状態になっているかと思います。

特にスマホの場合ですと、小さな画面を手にして首で下を向くように前屈している状態になってしまいがちですが、

もし電車や道を歩いている時、ふと周りを見渡してみて下さい。

 

首だけが垂れ下がっているような姿勢は、あまり美しいとは言えませんよね。

かっこ悪くネガティブな印象を与えがちな姿勢にも、気をつけてほしいと思います。

 

お手軽癒しグッズ

職場でも癒しは必要。

仕事はもちろんですが、職場の人間関係に悩みを感じている方もきっと多いでしょう。

 

ただでさえ、毎日顔を合わせなければいけない相手。

 

互いにストレスを感じることなく、程よい距離感で接することができればいいけれど、

それほど簡単ではない人間同士の付き合い。

 

その日の機嫌もあれば、合わないタイプの人がいるのが現実ですよね。

 

そのような状況で共に仕事をこなさなければならないのは、時に試練さえ感じるものでしょう。

 

だからこそ癒しは大切。

 

毎日を乗り越えるためにも、手軽にヒーリング効果が期待できるものは取り入れたい。

 

お手軽ヒーリングアイテム①

植物は心に優しい気持ちを届けてくれる、ヒーリングアイテムです。

 

 

その中でもおすすめなのが、観葉植物。サイズも種類も豊富なので、

自分のデスクに合った、お気に入りを見つけられるでしょう。

 

卓上サイズの小ぶりなものを選べば、デスクに置いてもそれほど目立ちませんし、

水やりが少ないものを選べば、世話も簡単に行なえます。

土が気になるという場合は、エアープランツもおすすめです。

 

イライラしたときに、そして落ち込んだときに。

植物の緑を眺めながら、プチ森林浴をしてみませんか?

 


こちらは「インビトロフラワー」といって「ガラスの中で」「試験管内で」という意味なのですが、プラスチックなので割れる心配や汚れる心配もありません。

予めジェル状の栄養剤が入っているので手間もかかりません♪

 

 

お手軽ヒーリングアイテム②

PCを使用するときに、おすすめなリストレスト。

体が凝るデスクワークに、あると便利な腕用クッションのようなものです。

 

キーボードの手前に置き、手首や手の平を乗せて使用します。

マウス用のものもあり、素材もデザインも種類が豊富。

 

PCを長時間使用していると、腕の怠さや疲れを感じませんか?

 

リストレストは、そんな疲労を心地良く癒してくれるアイテムです。

可愛い肉球タイプのリストレスト、こう見えてもしっかりと人間工学に基づいた疲労軽減設計となっています。

 

 

肌触りや使用感にこだわって、癒し効果が期待できそうなものを、

選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

出来たら仮眠をとる

まとまった睡眠時間をとることができないため、どうしても日中襲い掛かる睡魔。

仕事に集中できず、作業効率の低下に悩まされたことはありませんか?

 

そういうときは思い切って、休憩を。

職場の休憩時間や昼休みに、仮眠の時間をつくりましょう。

 

仮眠をとる時間は、大体15分から30分程度がおすすめです。

あまり長い時間でも、寝起きがスッキリとしなければ悪循環になってしまいます。

 

職場の休憩時間を考慮しながら、自分に合うと感じる仮眠時間を見つけて下さい。

 

効率的な仮眠

人間の睡眠にはノンレム睡眠からレム睡眠への段階的なサイクルが90分起きに訪れます。

90分も仮眠するわけにはいきませんから、

睡眠導入時の脳が休んでいくノンレム睡眠の4つの状態

  1. 睡眠開始
  2. 軽い睡眠
  3. 深い睡眠
  4. さらに深い睡眠

この中で「パワーナップ」と呼ばれる昼寝の状態、

睡眠開始から15~20分程度の「軽い睡眠」の状態で目覚めることが重要です。

※パワーナップは別コラムで詳細をご紹介します。

 

軽い睡眠の状態で目覚めることができれば、

スッキリとした状態で覚醒することができ、眠気が尾を引くことはありません。

 

 

 

寝不足が続けば疲労も蓄積してしまうだけ。

日頃から残業のしすぎや、眠る前の時間音過ごし方などを見直すことはもちろん、

休日に仮眠の時間をとることも大切です。

 

実際に様々な企業でも、仮眠をとる休憩時間の取り入れが行われています。

 

眠くて眠くてたまらない。疲れてもうヘトヘト・・・という方は、

無理をせず休む選択をして欲しいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

職場で行なうことができる、お手軽ヒーリング。

日々の生活に癒しの時間は必要ですよね。

 

仕事だから。職場だからと、癒やされること諦めてしまうのではなく、

自分に合ったリラックスアイテムを、取り入れて欲しいと思います。

 

簡単に行えるストレッチや、短時間の仮眠休憩もそう。

疲れは溜めずに、日々ヒーリングの力を借りて癒やすこと。

 

自分の心と体をしっかりと見つめながら、毎日を楽しく明るく、

 

そして笑顔で過ごしたいですね。

 

 

 

美容にも?簡単【寝る前ストレッチ】で癒し効果UP♪睡眠の質も良くなるって知ってた?

溜まった疲れを引きずる翌朝。もっと寝たい。体がだるい。

疲労の溜まった心と体は、とても重いですよね・・・。

 

そんなときにおすすめなのが、【寝る前ストレッチ】。

 

たった数分。眠りに就く前に体をほぐすだけで、睡眠の質を高めてくれる癒しの時間。

あなたも今日から始めてみませんか?

 

寝る前ストレッチがおすすめな理由

疲労を感じ、心も体もヘトヘトになって帰宅する。そんな毎日を過ごしていませんか?

 

一日の終わり。仕事の終わりに感じる体の凝りは、

同じ姿勢を取り続けていたり、忙しく動き回って溜まった疲れの蓄積。

 

疲れを翌日に引きずらないためにも、寝る前ストレッチを、

今日から始めてみませんか?

 

ストレッチを行なうことで、硬くなった筋肉を優しくほぐしながら、

寝つきが良くなる状態へ、心と体を整えていきましょう。

 

寝る前ストレッチは筋肉だけではなく、心と体の緊張もほぐすイメージで行なって下さい。

 

筋肉を緩めることは、血行の改善にもつながるものです。

大切なのはリラックスして行なうこと。

 

眠る前に、一日の疲れを手放すことができるように、

力加減には注意をしながら、癒しの時間を過ごしましょう。

 

 

寝る前ストレッチは美容にもいいの?

寝る前にストレッチを行なうことで、凝り固まった筋肉をほぐすことはもちろん、

むくみの緩和にも期待ができます。

 

接客業で立ち仕事をしていても、デスクワークで座ったままの姿勢でも、

一日の終わりに感じることがある、むくみ。

 

特に女性は、脚を見せるファッションのときとても気になってしまう、

悩みの種でもあるでしょう。

 

その頑固なむくみを溜めないためにも、疲れはその日のうちにリセットをするつもりで、

寝る前ストレッチに挑戦して欲しいと思います。

 

タイミングとしては体が温まっている、入浴後がおすすめです。

時間は5分~10分程度と、短い時間でOKです。

 

やりすぎないように、疲れないように。体に癒しを与えてあげて下さい。

 

ストレッチを行なうことで緊張がほぐれ、副交感神経が優位の状態に。

程よく体を動かすことで基礎代謝を上げて、体脂肪が燃えやすい体づくりをしていきましょう。

 

寝る前ストレッチのやり方

①体をほぐすストレッチ

上半身を起こして、うしろへ体を反らします。

このとき脚をしっかりと伸ばすのがコツ。

体が硬い方は無理せずに、心地よさを感じるくらいで大丈夫です。

 

 

②おなか周りのストレッチ

膝を地面と垂直にするイメージで、脚を上げます。

首を起こして太ももを見て下さい。

腹筋に力が入ります。

 

 

③姿勢を整えるストレッチ

膝を立てて、体と腕を左右に伸ばします。

背筋も一緒に伸ばすように、姿勢を意識してストレッチしましょう。

 

 

④体を伸ばすストレッチ

片方の腕を上げて、反対の脚の爪先に向かい体を反らします。

なるべく膝はまっすぐに。

太ももとと腕がしっかりと伸びるように、深呼吸をしながら行ないましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

毎日が忙しくて睡眠時間が思うように取れないときは、睡眠の質を見直してみましょう。

 

寝る前ストレッチは、体だけでなく心をも優しく揉みほぐしてくれる、

癒しの時間です。

 

疲労の蓄積で体が重いときこそ、次の日へ引きずらないように、

寝る前ストレッチで、疲れをリセットして欲しいと思います。

 

 

 

 

寝ても寝ても眠い!今すぐ劇的に質の高い【睡眠】を得る4つの方法

寝ても寝ても眠い。疲れが取れていないのか、体も重い。

 

仕事をしていても家事をしていても、急に睡魔が襲ってきてしまう。

そんな経験が、あなたにもありませんか?

 

 

忙しい毎日を過ごしていく中で、思うような睡眠がなかなかとれず、

悩んでいる方も多いでしょう。

 

それほど睡眠は、体と心を休ませる大切な時間。

自分の体調に合った睡眠時間があるように、睡眠の質についても、

見直してみませんか?

 

寝ても寝ても眠い状態が続いてしまえば、やる気はもちろんのこと、

元気さえも出ませんよね。

 

スッキリとした気持ちで、明日を迎えられるように。

 

日中のパフォーマンスを上げることができるように。

 

自分自身の睡眠を見つめてみましょう。

お酒と睡眠

一日の終わりに飲みたくなる、アルコール。

 

「寝酒」という言葉があるように、寝付きは良くなるかもしれませんが、

美味しいのでついつい飲みすぎてしまったなんてこと、ありませんか?

 

 

ストレスの解消にと、お酒を楽しむことでリラックスはできますが、睡眠の質を上げたいときには、少し注意が必要です。

 

スムーズに眠りに就くことができても、アルコールにより代謝が活性化することで、睡眠途中で目が覚めてしまったり、トイレが近くなる場合もあるでしょう。

 

飲酒量はもちろんですが、アルコールの分解には個人差があります。

 

お酒はやはり嗜む程度にしてみることが、良い睡眠をとるためのコツ。

 

 

たまには気分を変えて、ノンカフェインのハーブティーで、リラックスしてみるのもおすすめです。

 

優しい香りがするカモミールティーや、爽やかで飲みやすいレモンバームティー。

 

飲むタイミングとしては、眠る直前ではなく夕食後に。

 

こちらもトイレに起きてしまうのを考慮して、飲みすぎないようにすることも大切です。

 

入浴のコツ

バスタイムも、睡眠の質をあげたいときに見直したいポイントです。

 

大切なのは、湯船に浸かること。

 

 

忙しく疲れを感じ、シャワーで済ませてしまう日もあるとは思いますが、

できればゆったりと湯船に浸かる時間があるといいでしょう。

 

一日の疲れを洗い流すようなイメージで、体と心をほぐしながら、リラックスして過ごして下さい。

 

 

湯船に浸かることで体温は上がり、そこからの低下によって、

眠気を感じると考えられています。

 

体だけではなく心も一緒に温めて、バスタイム楽しむこと。

お気に入りのボディソープやシャンプーを揃えてみたり、入浴剤を入れてみたり。

 

癒しを感じることで、習慣にしていくことができるはず。

 

お湯の温度は気持ち「ぬるめ」に設定してみましょう。

 

 

熱すぎる温度は、かえって目が冴えてしまうので、その点には注意して下さい。

 

寝具と香り

眠くて眠くて仕方がない・・・。

 

疲れを残さない睡眠を目指すのならば、寝具選びも重要かもしれません。

 

例えば枕の高さが合っていないことで、いびきをかいてしまったり、

落ち着かないベットルームで、寝返りを繰り返してしまったり。

 

 

それほど寝心地というものは、睡眠の質に影響するものです。

自分に合う心地よい寝具を揃えたり、好きなカラーを取り入れるなどして、

寝室を模様替えしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ベットルームは癒しの空間であるべき場所。

睡眠の環境を整えることで、より深いリラックスが得られるはず。

 

「ピローミスト」はご存知でしょうか?

 

 

枕や布団にひと吹きするだけで、良い香りが広がるリラックスアイテムです。

 

疲れた日、落ち込んだ日。翌日に引きずらないように、

睡眠の質を上げて元気に過ごしたそんなときに、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

大好きな香りに包まれて、心安らげる時間が過ごせるでしょう。

 

昼寝(仮眠)で予防

日頃充分な睡眠が確保できず、慢性的な睡眠不足に陥ると「睡眠負債」と呼ばれるツケが回ってきます。

 

睡眠負債があると、脳の活動が低下し健康リスクが高くなり、仕事や勉強にも悪影響を及ぼします。

 

とはいえ

現代社会においてストレスなく日々変わらない睡眠を行えない状況にある方も多いことでしょう。

そういった場合は、昼寝や適度な仮眠をとることによってその負債を返済するように心懸けると良いです。

 

特に、ランチ後の14~15時頃にやってくる眠気、

ここで15分から20分程度の昼寝をすることによって、リフレッシュすることができ、睡眠不足の解消に繋がります。

 

 

ただ、夕方以降に仮眠をとると体内時計が乱れるため、本来寝る時間に寝付けず翌朝にそのツケが回ってきます。

 

 

さらに、どうしても徹夜をしなければいけないことが決定しているのであれば、

徹夜前にあらかじめ仮眠することにより睡眠を先取りすることが可能になります。

 

 

昼寝(仮眠)についてさらに詳しく知りたい方はコチラ

慢性的な睡眠不足や、急な眠気は【昼寝や仮眠】を使って効率的に活動しよう!

 

まとめ

いかがでしたか?
寝ても寝ても眠い。そんな毎日を、あなたも過ごしていませんか?

 

 

頑張っているからこそ、一生懸命だからこそ、

消えない疲れがやってくる・・・。その繰り返し。

 

睡眠の質を改善することは簡単ですが、とても大切なことです。

 

明日を笑顔で元気に迎えることができるように、今日からぜひ試して欲しいと思います。

ヒーリング【レイキ】を使って心と身体を癒してみませんか?

ヒーリングレイキ、レイキ(霊気)とは、日本発症の民間療法の一種です。

 

元々は明治時代後期に海外から入ってくる様々な思想を
日本古来の技術と融合させ発展させた療法と言われています。

宇宙や自然、人体が持つエネルギーをスピリチュアルな解釈として「霊気」と呼ぶこともあるようですが、

その後、アメリカやヨーロッパにその技術が伝えられ
「Reiki」と発音する概念として世界中に伝承されていきました。

 

西洋レイキ

現在、日本を含め一般的なレイキは
生命が持つ生体エネルギーを施術者から患者へと流すことにより
患者自身への自然治癒能力を刺激、促進し、エネルギーバランスを整えます。

これは目に見えない概念で心身を癒やすヒーリングの一種でもあることから
科学的根拠はなく、証拠に基づいた医術ではありません。

 

しかし、
世界中にレイキを施すサロンや専門期間は続々と拡大しており、
今や800万人を超える施術者がいると言われています。

 

レイキの普遍的な概念を積極的に広めるセミナーも多く、その力を伝承するアチューンメントと呼ばれる儀式(受講)を行い、レイキ能力を評価できるように体系化が行われています。

 

また、レイキは誰しもが持つものですから、
自分に対して行う自己ヒーリング(セルフヒーリング)や、物理的に離れている相手にエネルギーを飛ばす遠隔ヒーリングというものもあります。

 

レイキのやり方

レイキは道具などは一切使いません。

使うのは手のみで、施術者の手から発せられるエネルギーで
患者の身体に手をかざすことにより治癒を行います。

 

レイキの出し方

レイキは誰でも持つものですが、
ある程度練習を重ねることによってその力を育むことが可能です。

 

まずは、
地面にしっかりと足を付け、まっすぐと姿勢を整えることから始めましょう
肩の力を抜き、地面と平行になるようにして下さい。

 

次に呼吸を整えていきます。

口を自然に開いて、ゆっくりと息を吐いていきます。

 

この時、空からエネルギーが自らの身体に流れてくるようなイメージで
丹田(おへその下5cmほどの位置)にそのエネルギーが溜まっていくようにします。

 

息をしっかり吐いたら、同じくらい時間をかけてゆっくりと吸って下さい。

 

それを何度か繰り返すうちに、身体がふわふわピリピリして
優しく暖かい空気で全身が包まれたような感覚が持てます。準備完了です。

 

※これはある程度練習が必要ですが、それほど難しいものでありません。
慣れてくればちょっと呼吸を整えるだけでその状態になれると思います。

 

レイキハンド

呼吸を維持しながら両手を胸の前あたりで優しく合掌します。
それがレイキハンドです

 

レイキハンドの状態を保ったまま、
全身の力を緩め、手に意識を集中して下さい。

 

合わせた手と手の間に
暖かくジンジンとした感覚が生まれるはずです。

それが、手のひらからレイキが出ている状態になります。

 

レイキの施術方法

まず、患者には緊張をほぐし楽な姿勢をとってもらいます。

そしてオーラクレンジングと呼ばれていますが、
直接身体に触れない10センチ程度の位置を頭部からつま先にかけて数回、手で撫でるように旋回させます。

 

そうすることによりお互いのレイキの通り道をつくり、調和がとれます。

次に
レイキを他人に施術する方法として、一般的なのは
「12ポジション」と呼ばれる患者の身体の場所に手を当てていく方法です。

 

 

12ポジションは「頭部」「全面」「背面~下半身」と分けられており、
基本的には下記の1から12までの部位に順番にレイキを流していきます。

 

  1. 頭部
    1,目
    2,こめかみ
    3,後頭部
    4,鎖骨~肩
  2. 全面
    1,心臓の上
    2,肝臓~肺
    3、腸(丹田)
    4,そけい部
  3. 下半身
    1,腰(丹田)
    2,膝
    3,足首
    4、足の裏

 

関節部分は特にレイキが流れやすいと言われており、
そこから内蔵や疲れが溜まっている部位にエネルギーを流して下さい。

 

 

実際に
患者の方が「あたたかい」「気持ちいい」「じんじんする」と仰られるようであれば
しっかりとレイキが流れ込んでいる証拠です。

 

※施術方法は各流派により違いがあります。

 

 

レイキの効果

レイキの施術後の変化として、個人差はありますが、
以下のような効果が実感されています。

 

身体

・自律神経が整い免疫力があがった
・疲れやコリが緩和された
・手足の冷えが軽減した
・よく眠れるようになった
・腰痛や偏頭痛が薄らいだ


・やる気や集中力が増した
・夢や希望が持てるようになった
・イライラしなくなった
・自分に自信がついた
・過去のトラウマから解放された

 

※レイキの効果には様々なものがありますが、
個人差が大きいことや、医学的には証明されていないため、結果を保証するものではありません。体験されてみたい方は専門の講座や流派を調べて頂くことをおすすめします。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

とても歴史のあるレイキ(霊気)の世界はとても奥深くまだまだ解明されていない部分もたくさんありますが、

 

科学では証明ができない超次元の現象だからこそ、
レイキのエネルギーには人を引きつけるような不思議な魅力で溢れています。

 

 

あなたの生活にも
レイキを取り入れることでより良い毎日を送れるようになるといいですね。